ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

食卓から春の便り 1

能登の里山も いよいよ春がきたようです

今週に入り暖かくなると 春を待ちわびてた野山の山菜も見かけるように~    

今朝は葉山葵を買いました。
きれいに洗い
c0094218_1121137.jpg

笊で しっかり水切りした後 お塩をパラパラ 
その後 しんなりするまで力一杯揉んじゃいます 
c0094218_11245888.jpg

あらかじめ簾の子と熱湯、密封容器を側に用意しておき

しんなりした葉山葵を簾の子に並べ 熱湯をまんべんよく振り掛けたら すばやく絞ります
↓は絞り終わった状態
c0094218_11302668.jpg

密封容器に入れ 半日くらい密封すると
c0094218_1133815.jpg
 夕食時には 涙が滲むくらいの辛さに出来上がり~!

以前は辛さが逃げて失敗することも多かったけれど 塩もみするようになってから辛さが逃げず 美味しくでき上がるようになったわよ!

今晩はこちらもメニューの一つにしちゃおうっと! オホㇹ~ 
[PR]
# by fugeshietsuko | 2014-04-02 10:36 | 日々の出来事

美味しいね!餅米甘酒

麹と餅米からの甘酒に すっかりはまってしまいました。

イチゴと甘酒(福々椀黒で)
c0094218_217119.jpg

春キャベツと練食品での甘酒和え(優華鉢の赤)
c0094218_2191767.jpg


三月は事務仕事が多くなかなか外出できないから 女将には甘酒つくりに最適な季節なの

まずは炊飯器で お粥炊きから(5分粥)
c0094218_21112797.jpg

50℃~60℃になるまで冷まして 生麹をいれ 混ぜます
c0094218_21121847.jpg
c0094218_21124168.jpg

まんべんよく混ざったら 温度が60℃以上にならないように気をつけて 

炊飯器を側に置いての事務仕事 
気分転換も兼ね 1~2時間毎 蓋を開けて上から底までかき混ぜ温度管理
c0094218_21203623.jpg

一時間経つと 粥のねっとりしてたのが 少し しゃぶしゃぶに
c0094218_21242839.jpg

3時間位で色の変化も
c0094218_21311127.jpg

8時間で出来上がりました
最後に揚げ浜塩田のお塩を少々(小さじ2分の1くらい)隠し味で加えると甘味が増して出来上がり~
c0094218_21343584.jpg

色の変化 写真ではわかり難いかもしれませんね

麹と米の割合は 1:1で
使う麹で甘さも微妙に違ってくるから 面白くて 楽しい!

餅米から作る甘酒は濃厚で 優しい甘さがお口いっぱい広がり~
そのままや生姜風味で飲む時には 少し薄めないと甘過ぎるかも?
フルーツにかけて食べると 相性バッチリよ 

うるち米でも作ってみましたが こちらは さっぱりした甘さでしたよ!


甘酒は 飲む点滴って言われるほど栄養のバランスがよいんですって!
しかもお肌が綺麗になるそうだから女子には無視できない うれしい飲み物だわ

江戸時代は 夏バテ予防で珍重されたみたい。 
[PR]
# by fugeshietsuko | 2014-03-30 21:00 | おうちご飯と漆の器

時間のバトン その2

昨年11月にやきものワールドで お預かりした修理のお椀→ ☆ 

2月に修理が完了し お客様のもとへお届けさせて頂きました。


お預かりした時は ↓のような状態でしたが 
c0094218_21582036.jpg
c0094218_2158445.jpg


蒔絵の施されてるお椀の部分は触らず お椀の中のみ修理し塗り替えたのですが きれいにり上がりました
c0094218_2201236.jpg
c0094218_2203594.jpg
c0094218_2205929.jpg

和紙袋も新しく作り直し
c0094218_22142695.jpg

和紙袋に収まったお椀です
c0094218_22162458.jpg
リニューアルされたお椀は これから先何十年も元気に活躍していくことでしょう! 
[PR]
# by fugeshietsuko | 2014-03-28 21:45 | 輪島塗と塗師屋のこと

能登半島地震から7年目

能登半島地震から 7年目が過ぎました。

「地震の夜って何食べたかなぁ?」と 突然言い出したシロウさん。

「ショックで 怖くて 何も喉通らなかったわよ。あなたは お酒呑んで  ダダこねてたけどねー」

と笑いながら云いつつ 薄れゆく記憶で思い出したことが?



地震直後 大きく傾いたわが家での寝泊まりは危ない! と聞き 急遽 長女夫婦の家に避難することに決めた私。

「しばらく夜は娘のところに泊まろうよーお願い!」

「いやじゃ!俺は家にいる、家で寝る!」

「そんなこと言って 家が潰れたらどうする?危ないから 行こうよ~」 

「行きたかったら お前だけ行け!」

シロウさんは お尻に根が生えたように 微動だにしません。

言い争っている間にも 余震、余震、余震の波。

古い建物の我が家は余震がくる度揺れも大きくて 怖くて 怖くて 住むことができませんでした。


ひとまず 私だけ娘夫婦の家に避難したのですが、シロウさんは傾いた我が家に一人います。


「私が必ずお父さんも危難させてくる」と 長女が言い 出かけたものの

1時間が経ち 2時間が過ぎても帰ってきません。

頑固な 2人のこと。

シロウさんが避難すると云うまで 娘もテコでも動かずに頑張ってるんだろうなぁ~?
と 思いながらも 

重なる余震の度ごとに 

今 家が潰れたら?
2人一緒にいなくなるのでは???

とよからぬ思いが頭をかすめ 生きた心地がしなかった一夜を思い出したのでした。


今 現在 こうして 平穏に暮らせる日々 は 沢山の人の真心に支えられ 元気を頂いて今日を過ごしていけることを改めて 見つめ直し 感謝する一日でした。
[PR]
# by fugeshietsuko | 2014-03-25 21:57 | 能登半島地震情報

早春日和のお出かけ2

今日の我が家は 門前ずくしでした
自然薯が混じってるのが門前そばの特徴です
c0094218_22492836.jpg
c0094218_2250233.jpg

お昼は 門前そばと七面鳥のサンドイッチを頂きました

自然薯が入ってるので普通の蕎麦より太いのですが 口に中で自然薯の香りがほのかに漂い つるんと喉を通ってく季節限定のお蕎麦よ 
c0094218_22504873.jpg
オリーブオイルとハーブで一夜漬けして蒸した七面鳥のサンドイッチは初めてだったけれど 美味しいわ~❤❤❤
c0094218_22513630.jpg


夕食にはとどろ婦人会のお母さん方が作られた ゴマ豆腐2種と七面鳥の焼き鳥を楽しみました 
c0094218_22191686.jpg

白ゴマ豆腐と黒ゴマ豆腐の相棒は少々のわさびと麺汁で
こちらもそれぞれゴマの風味が口に漂い~♡♡♡
c0094218_22583030.jpg
今晩のシロウさんのお酒のお伴も 七面鳥焼き鳥でした
c0094218_2253537.jpg

[PR]
# by fugeshietsuko | 2014-03-23 22:41 | 日々の出来事