「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「まれ」ちゃんとの 思い出 6 渋谷スタジオ訪問Ⅰ

10月の輪島ロケが済み しばらく経つと大きな4トントラックが輪島入り。 
渋谷スタジオ内のセット用の道具を運んで行くトラックです。

セットの工房つくりに必要な道具

まないた(下地用の作業台)、沢山のいりわ
エメ棚、手板、こね鉢、黒目鉢、
二貫目が入る沢山の漆桶など
工房では数に余裕ある道具類や 客間で使ってる座卓(弥太郎さんが座ってらした座卓)などが 4トントラックに積まれました。
我が家で補えない道具などは漆器組合をはじめ、大勢の方が協力されてました。


年が明け今年の1月早々、渋谷のNHKスタジオで我が家の工房がほぼ忠実にセットされたとの知らせを受け 見学方々、出かけた時の写真です。

 セットされてる部屋の扉を開けるとこのような光景が目に飛び込んできました
c0094218_15114072.jpg
この中には 下地場、路地、座敷などのセットがありました 

一緒に見学した娘や孫の一声が「あら!うちの工場や~、、、」
驚くほど 忠実なセット風景でした
c0094218_15345490.jpg
只今、リハーサル中
c0094218_16140413.jpg
c0094218_15360603.jpg
c0094218_15453444.jpg
座敷のセットです
c0094218_15521954.jpg


玄関を入ると 驚いたことにネット吊るしの玉ねぎまで忠実にぶらさがってるとは!
c0094218_15472165.jpg
どうでもいいようなものまで余りにもそっくりなセットに不思議で尋ねたところ、「俳優さんはロケで我が家を知ってるので 映像に映らなくても出来るだけそっくりに再現したほうが 演技に反映されるから」との答えでした。
NHKさんの微々細々にわたる演技への配慮って半端じゃないのですね!



モニター室です
c0094218_16175482.jpg


セットの工房で記念写真を!
c0094218_16151909.jpg

次は 横浜煉瓦倉庫セットでの展示会の様子を!







[PR]
by fugeshietsuko | 2015-10-30 17:34 | 雑誌.テレビ出演

「まれ」ちゃんとの思い出 5 キリコ祭りのロケの様子 

10月12日 キリコ祭りのロケの様子です。

心配してた台風は進路を逸れて 絶好のロケ日よりになりました。
まんで 天もまれちゃんのロケを応援してくれてる気がしました。

わが家の玄関先は大崎漆器店の暖簾から 紺谷弥太郎へと様変わり
c0094218_21581967.jpg
水幕や奴提灯の準備です
c0094218_21592478.jpg
c0094218_22001086.jpg

スタッフの皆さんの準備も整い
c0094218_22003590.jpg


不退転のセリフで始まる 弥太郎さんの撮影が始まりました。
c0094218_22020185.jpg


夜の本番を前に太鼓の練習に励む 土屋太鳳ちゃん
c0094218_22025235.jpg

c0094218_22062168.jpg


すっかり暗くなって キリコ祭り本番が始まりました!
c0094218_22073827.jpg
このキリコ祭りは盛り上がり 番組内でもその熱気がひしひしと伝わってくる 思い出深いシーンになりました。
c0094218_22082627.jpg



シーンは夏祭ですが、、、
撮影した10月ともなれば夜は肌寒く、、
俳優さんは我が家でも暖をとられてました。
その時の記念写真の一枚です
c0094218_22103086.jpg






[PR]
by fugeshietsuko | 2015-10-25 00:29 | 雑誌.テレビ出演

「まれ」ちゃんとの思い出 4 ロケが始まりました

10月8日 いよいよ我が家のロケが始まりました。

唯一の貴重な一枚がボケてたとは!
(遠くから撮ってたので、、、デジカメでは無理ね)

撮影中は部屋から出れないのでじっと我慢。 
放送を見て『あらっ、ここも撮ってたのね~』って気づく状態でした。

玄関の戸をくぐった処で
ひまわりの花の左の方の女性が まれ(土屋太鳳)ちゃんです

c0094218_06385621.jpg



同じ日に いろは橋の付近でも撮影があった時の写真です
c0094218_07260670.jpg
c0094218_07251188.jpg

お祭りシーンは 次回でね! 

この頃 台風何号だったか忘れてしまいましたが大型台風が近づいており 能登の上空を通過する懸念があって 随分心配したことを覚えてます。
                


今晩は また会おうスペシャルで まれちゃんに会えるわね!
NHKBSプレミアム19:00~19:54



More
[PR]
by fugeshietsuko | 2015-10-24 05:00 | 雑誌.テレビ出演

「まれ」ちゃんとの思い出 3 ロケの準備

10月に入るといよいよ能登ロケが始まりました。
100人近い関係者の方達が約一ヵ月間輪島に滞在されたようです。 

ロケの箇所は知ってるだけでも 朝市、市役所、輪島高校、海岸沿い、塩田村、大沢、門前など様々な場所。
町を歩けば どこかでロケ風景に出会えました。 

ストーリーの中では近いように見えても 実際にはかなり離れてたりしてて それが構成されて外浦村になってました。

又 エキストラで市民が参加した人数もはかりしりません。
輪島に住んでる人皆んなが 何かしらに参加し応援して 能登編は出来上がった作品です。

そんなに元気でなかった輪島が「まれ」を通し いっきにまとまり元気を取り戻したように私は感じました。

家の前でのロケ準備の写真です。
10月7日の朝、植木が大きなトラックに積まれてやってきました。
若い女性人が2人 交代で運転し夜通し東京から走ってこられたとか
c0094218_05340396.jpg
重い庭石を持ち上げてるシロウさんって相当な力持ち?
c0094218_05331656.jpg
お隣の良沢菓子店さん前の庭がほぼ出来上がり
c0094218_05325523.jpg
c0094218_06004866.jpg

わが家の玄関先も 柵の準備
 
c0094218_05333401.jpg
さあ、明日から いよいよ ロケが始まります!





 


[PR]
by fugeshietsuko | 2015-10-21 06:07 | 雑誌.テレビ出演

「まれ」ちゃんとの思い出2 俳優さん達との出会い 

年が明けて昨年の前半は 制作演出のスタッフの方々が奥能登の地を訪れて これから使うであろうシーンのいろんな場所を具体的にリサーチされてました。

わが家にも何度も足を運ばれ 輪島塗に関する事、輪島での日常の食卓、塗師屋の女将の仕事など 色々と尋ねられました。
c0094218_06471243.jpg

昨年8月21日、改造を終わった台所でスタッフの皆さんが休憩された時のスナップです
まだまだ暑い日々の中 ご苦労様~
c0094218_06120648.jpg

塗師屋紺谷弥太郎さんの孫 紺谷圭太役の山崎賢人君に会ったのも この頃です。
「これからなにかとお世話になります」
マネージャさんと初めて挨拶に我が家を訪れた時、マスク姿でとても辛そうでした。
水球ヤンキースに出演されてた賢人君 前日、プールでの撮影が長引いて風邪をひかれ高熱で、病院で点滴を受けた後の我が家訪問でした。

まれ役の土屋太鳳ちゃんとの初めての出会いは 輪島大祭8月24日の鳳至の祭の時です。
まだ ロングヘアーでした。
思ったより小柄なのでびっくり!
顔立ちはもちろん、きれいな肌のお嬢さんでした。
 
c0094218_07111220.jpg
町内のキリコで太鼓をたたかれてた太鳳ちゃん。
ちょっと習っただけで リズミカルに上手にたたいてましたよ!
c0094218_07134671.jpg
この夜は スタッフの皆さんも町内のキリコに参加されてキリコを担ぎ 楽しまれてました。


More
[PR]
by fugeshietsuko | 2015-10-20 06:51 | 雑誌.テレビ出演

「まれ」ちゃんとの思い出 1 「出会い」

こんにちわー! お久しぶりです。
あまりにも長いお休みで もう辞めたのでは?って思われた方も多いのではないでしょうか。

半年間放映されたNHK朝ドラ「まれ」が終了して もう三週間目にはいりました。
朝7時になると流れてた~まれぞら「希空」~のメロディーも もう聞けなくなって心寂しいです。

放映中は慌ただしかった私の周辺も少しずつ落ち着き 記憶が薄れないうちに まれちゃんと共に過ごした 約2年間のかけがえのない思い出を 追々 書き留めておこうと思いました。


まれの制作にあたって 脚本家の篠崎絵里子さんや関係者さんと初めてお会いしたのは 確か ??? 一昨年の夏過ぎでした。

なんの前触れもなく我が家をふらっと訪れられた関係者の方々。

「石川県を、能登を舞台にしたドラマを作りたいくて石川の各地を巡って資料を集めてます。輪島塗や塗師屋のお仕事のことを聞かせて下さいませんか」 

工房を見学したり シロウさんと雑談したりで しばらく過ごされていかれた記憶があります。

「新婚旅行の地は奥能登でした。朝市や千枚田など能登を一周しましたよ」と おっしゃっていたのは演出の渡辺一貴さんでした。 

能登を舞台にしたドラマって? 
どんな時間帯のドラマかしら?
「ほらっ、夜遅く放映されてるのがあるじゃない!深夜のパン屋さんとか、、、あの時間帯のかしらね?」
って シロウさんと想像を膨らませてたことを憶えてます。

それからは 度々電話で質問されたり 再度、再々度と何度も輪島を訪れられ 我家を含め、いろんな漆器店や漆にたずさわってる若い方、塩田、ケーキ屋さんなど 能登のあらゆる土地をリサーチされてました。






[PR]
by fugeshietsuko | 2015-10-13 10:03 | 雑誌.テレビ出演