ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

<   2014年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

これから 出発です

いよいよ 出発です。
テーブルウェア・フェスティバル 2014 『暮らしを彩る器展』に向けて 今から出発します。

私達は14日まで家を留守にしますが 職人さん達はいつも通り 工場で仕事してます。

御用のお方は 戸は閉まっててもインターホンを押して下さい。 

職人さんが対応します。 
奥から 職人さんが出てくるまで 少し 時間がかかりますが‥
どうか宜しく お願いします。



お急ぎの連絡がある方は恐れ入りますが シロウさんか 私の携帯まで連絡下さい。
どうぞ宜しく お願いします。




テーブルウェア・フェスティバル2014 ~ 『暮らしを彩る器展』 ~ 
     
     
     
     ブースNо. 141

  塗師屋 大﨑庄右ェ門 で お待ちいたしております!!!  
[PR]
by fugeshietsuko | 2014-01-31 09:49 | 輪島塗と塗師屋のこと

まもなく テーブルウェア・フェスティバルが始まります

2月2日~10日までの期間に東京ドームで テーブルウェア・フェスティバル2014 ~暮らしを彩る器展~が開催されます
(詳しい内容はこちらからご覧ください →  )
c0094218_773618.jpg


今年の私共のブースは Nо.141

昨日までは準備で茫々の日々を過ごしてました。
ようやく展示商品の発送が終わり ホッとしてます
c0094218_719208.jpg


今回は通常の展示商品に加え 土蔵の中で長い期間出番を待っていた商品をリニューアルし お値打ち価格で販売いたします。


「漆のある食卓~彩りの和モダン」輪島コーナーでの私のテーブルのテーマは「温故知新」

伝統的、重厚な蒔絵・沈金紋様の輪島塗と新しい輪島塗を取り混ぜてセッティングしました
c0094218_7381827.jpg



大倉陶園さんの 「至福のおもてなし~美しく暮らす~」コーナーでは 
大倉陶園の洋食器と 輪島 庄右ェ門の漆器で 新しいテーブルの提案がされてます

是非 お出かけ下さいませ。

ブースNо. 141 で お待ちいたしてしております   
[PR]
by fugeshietsuko | 2014-01-30 06:42 | 輪島塗と塗師屋のこと

冬の能登 輪島のお酒と食材での夕食 

数回輪島を訪れたAさんは白藤酒造店さんのファンになりました

夕食は お酒主体のご馳走で

起舟前でしたが 朝市でおとみさんの寒鰤とヤリイカを買うことができました

お刺身は反ぞり大椀で
c0094218_1710116.jpg


先程まで水槽で泳いでたナマコは 大根おろしとしいたけ小屋のふみえさんから頂いた生の岩海苔で酢ものに
杯洗として作られたであろう大振りの器に入れました
c0094218_1719357.jpg
こりこりしてて お口の中でどれだけ噛んでても なかなか柔かくなりません???
こんなに こりこりしてるナマコを食べるのは はじめて!


焼鰤は油がのってるので大根おろしを添えて
溜塗の竹皿にのせました
c0094218_17233028.jpg

お鍋に使う野菜たちは 丸の入れ子に
c0094218_17352887.jpg

c0094218_1759556.jpg

お鍋の取り椀は福々椀の身(右)を使いました
c0094218_20415723.jpg



白藤酒造店さんのにごり酒です
このお酒 すごいの!!!
少し減ってるけれど まだ 飲んでないのよ!
酵母が生きてて いきなり栓は開けられないの
錐で小さな穴を開けて少しずつ空気を抜き、それでも吹きこぼれるからお鍋の上に瓶を置いてると じわっ、じわっと吹きこぼれてきてるんです
c0094218_17455047.jpg

片口に移してからいただいてます
c0094218_17494230.jpg
c0094218_181114.jpg


森川さんから頂いた生くちこは 翌日のお昼 お吸い物にしていただきました
c0094218_1842136.jpg
お椀に生くちこを入れ 熱々の昆布出汁を注ぐと ぱっと華が咲いたように広がり きれいです
c0094218_1851912.jpg
c0094218_1854489.jpg

[PR]
by fugeshietsuko | 2014-01-13 17:52 | おうちご飯と漆器

冬の能登半島半周ドライブ 2

満腹になったお腹をかかえ、一路輪島へと向かいます

ひろ吉さんの家の近くで 池を発見
c0094218_1636148.jpg
鴨が群れをなして気持ちよさそうに泳いでました
c0094218_16374627.jpg
油がのっていそうな青首鴨もたくさんいましたよ!
c0094218_16415140.jpg

雁(ガン)の池って書いてありますね
渡り鳥の休憩地なのかな?
c0094218_16432916.jpg


海岸沿いの雪道を ひたすら走ります
c0094218_16495251.jpg

そんなに風は強くなかったのですが 岩肌や道路には時折 波の華が舞ってました
c0094218_16515176.jpg
c0094218_16535223.jpg

世界農業遺産に認定された冬の千枚田は墨絵のようなー 
冬の千枚田は海からの風でとっても寒いけれど風情たっぷり
c0094218_1656476.jpg


千枚田を後にしてからは まっすぐ 我が家へと向かいました   
[PR]
by fugeshietsuko | 2014-01-12 16:56 | お出かけ

冬の能登半島半周ドライブ 1 

町は積雪がなくても 能登空港へと向かう山の中は あたり一面 雪化粧です 
c0094218_2253316.jpg
ひょっとしたら到着しないのでは、、、と不安でしたが 飛行機は無事到着し ひと安心、

Aさん、Kさんと合流した後 ナマコ漁の森川さんを訪ね、今晩の食材に使うナマコを買いました

水槽の中のなまこです
c0094218_1013297.jpg
せっかくだから こちらでしか口に出来ない生くちこも!と思ってたのですが まだ早いそうで 冷凍でも良かったらと 生くちこを サービスして頂きました ♬~♬ 


お昼ごはんは 珠洲市にある農家民宿 ひろ吉さんで→ ☆
c0094218_14295248.jpg

入口のお部屋には炬燵が用意され ふる里に帰ってきたようで 一挙に気分が和みます
c0094218_14383155.jpg

暖かい桜茶で ホッと一息
c0094218_14472518.jpg
自宅のお庭の桜の花ビラをふみえさんが塩漬けして作られたそうよ
八重桜がパッと開いてて とても綺麗 ♡♡♡
c0094218_1447494.jpg

ふみえさんお手製の大根寿司は 麹と塩さばと大根が程良くマッチしてて 美味しい~~~
c0094218_14544193.jpg

間引きした小さい椎茸を使った中華風煮
c0094218_14595784.jpg

ひろ吉さんが釣ってきた鯛のソテーと 昆布巻(中は鱈の子です) 
自宅で栽培したバジルのソースが添えられてます
c0094218_1534716.jpg

鰤大根
c0094218_1564311.jpg

115椎茸とふきのとう、レンコンの天ぷら
c0094218_159567.jpg
能登115の椎茸って大きくて肉厚でとってもジューシー
c0094218_1592928.jpg

115椎茸の焼き物
c0094218_15134222.jpg


いよいよひろ吉さん手打ちの蕎麦の登場です

自家製焼アゴと北海道産昆布、椎茸を使ったお汁でいただきます

シロウさんは ひろ吉さん手打ち蕎麦の大ファン!
ツルツルと音を立て ご満悦ですすってました ♥♥♥
c0094218_15221445.jpg

珠洲のブランド末広米のご飯とお吸い物(とろろ流し)は 食べるのに夢中で 撮り忘れました

とっても 美味しかったです。
出されたご馳走は ひろ吉さんとふみえさんの心のこもったすべて手作りの料理でしたよ!

はちきれそうな程満腹のお腹で 椎茸畑も見学しました

能登115の椎茸は これから春に向けて収穫の季節に入るそうです
雪から守るため 一つ、一つ、丁寧に ビニール袋で保護されてました 
c0094218_15453657.jpg
c0094218_1546050.jpg

雪解けの頃 又 来たいな!
[PR]
by fugeshietsuko | 2014-01-11 22:47 | お出かけ

今年の仕事始め

工場は 8日の先勝から仕事が始まりました。

午前中は 威勢よく音の出る鳴り物仕事(木地磨きや空研ぎだったり、着せもの削りなど)で今年の縁起をかつぐのが習わしです。

下地職人さんは 年末で二辺地下地まで進んだ折敷の空研ぎだったり、布着せの済んだお椀の縁布を整えたりしてました
c0094218_20292114.jpg
c0094218_2044367.jpg

研ぎの職人さんは中塗りが済んだ 小重の蓋を砥いでます
c0094218_20492826.jpg


お昼からは我が家で し初めの宴が

神様のお供えしたお神酒をいただきます
c0094218_2101399.jpg
c0094218_2143293.jpg
c0094218_2145471.jpg

親戚や以前働いてた職人さんも加わり 宴が始まりました

今年も我が家恒例のセリの根がたっぷり入ったキジ鍋が主役です
c0094218_21145100.jpg

セリの根で風邪をふっ飛ばし 寒い冬を乗り越えましょう!!!
c0094218_21175334.jpg

宴もたけなわになった頃、祝いの席に歌う 輪島まだらを皆で
c0094218_21283587.jpg

新年早々漆の大幅な値上がりがあったりで 漆器を作り続けていく環境がこれまで以上に厳しくなりそうですが 職人さん達との力を結集して頑張ります。  

夢と誇りを忘れずに 日々 精進して参りますので 今年も 庄右ェ門の漆器を どうぞ宜しく お引き立て下さい!
[PR]
by fugeshietsuko | 2014-01-09 20:40 | 輪島塗と塗師屋のこと

年末のお仕事あれこれ 2

大晦日、
年に一度、お正月しか使わない年代ものの七五重箱の出番です
c0094218_23424687.jpg


昔の方って外箱にも使いやすいようにいろんな工夫をされてたのですね

先日、若い方達とこのお重を使った撮影の機会があり、何気ない言葉から気付きました 

これまでごく当たり前に使ってた外箱ですが 天板には持ち手が付いてて 持ち運びしやすいような気遣い
c0094218_0202768.jpg

外蓋を上に動かすとお重箱が顔を覗かせます
c0094218_0212459.jpg
 
上2段、下3段に分かれ 下の段は取り出しやすいように 指がかけれる台がついてます
c0094218_0263656.jpg


昨夜作った酢レンコン
c0094218_0502029.jpg

紅白なますの変わりに蕪の酢漬け
c0094218_0511261.jpg

田作り
白ゴマを使えばきれいだったったのにと反省
田作りを炒った後の風味を生かして牛蒡も煮ました
c0094218_0515713.jpg

早起きして作った卵焼き
c0094218_0565628.jpg

筑前煮
c0094218_05739100.jpg

A様が送って下さった小田原のかまぼこ
c0094218_0591712.jpg

重詰めって難しいですね~
毎年、悩みます

今回は庭から摘んだ葉らんを使ってみました
c0094218_123074.jpg


あぁーなかなか スマートにセンス良くは詰めれない~
c0094218_142835.jpg
c0094218_14561.jpg
c0094218_153592.jpg
c0094218_16798.jpg
c0094218_163655.jpg
c0094218_17719.jpg

お重詰めの方法 もっと 学ばなくっちゃー


仕事場にお供えした鏡餅です
こちらは シロウさんのお役目

工場の神様
c0094218_1134521.jpg

下地場の神様
c0094218_1153333.jpg

上塗り場の神様
c0094218_1162368.jpg

機械風呂(回転風呂)の神様
c0094218_118283.jpg


井戸の水神様にはゆずり葉を
c0094218_1222392.jpg

写真は撮ってませんが火の神様と、水の神様にも 数か所同じことを
今年一年平穏に過ごせることを願い 計8か所の神様に 

 
先代から受け継いだ年越しの習わし、私達が元気に動ける間、毎年大切に受け継いでいきたいと思ってます。
[PR]
by fugeshietsuko | 2014-01-03 09:38 | おうちご飯と漆器

年末のお仕事 あれこれ 1

昨年の後半は たまにしか更新できませんでした。
日中バタバタ動き回ることが多く 夕食を済ませると、お目目はチョロ、
チョロ、体はフラフラ 
迷わず睡眠の方を選んでました。

今日中に『〇〇せねばならない』 という張りつめた気持ちがいつの間にか プッツンと切れてしまったみたいです。 

そんな訳でブログもおさぼりが多くなってしまい 私の気まぐれブログを度々訪ねて下さった皆様 ごめんなさい
深くお詫びいたします。


年末の出来事です。

27日で 工場は仕事を終えました。
大掃除を済ませた後、きれいに片付いた下地場で 慰労会

11月一杯で若い沙也ちゃんが寿退社したので 三年前の体制に戻り
平均年齢も一挙にアップしました  笑

昨年以上の厳しい試練の年にもかかわらず アウンの呼吸で力を合わせて黙々と庄右ェ門の漆器を支えて下さってるベテランの腕の良い職人さん達とのささやかな慰労会は 鍋を囲んで おでんを
c0094218_201326.jpg

年賀状を書きながら前日からストーブにのせてた牛スジ肉はトロトロ 
美味しく出来上がりました
c0094218_207344.jpg
大鍋に仕込んでだおでんも 味が沁みて いい按配に
c0094218_20161637.jpg
c0094218_20323563.jpg


28日
朝から晩まで 餅搗きの一日
お供え用のお餅11重ね、丸餅、青豆餅、黒豆餅、五穀餅、、、
あらっ?まぁ? 数えると 12升ものお餅を搗いたことになるのね!
c0094218_20462554.jpg
c0094218_20465443.jpg


29日 
買い物を済ませ、お正月料理で時間がかかる煮ものから取り掛かりました 
黒豆
c0094218_219149.jpg

昆布巻
c0094218_2195099.jpg

棒鱈
c0094218_21102726.jpg

ぜんまいとお揚げ、椎茸の煮物
c0094218_21121397.jpg
頃合いを見てストーブの上に載せ替えながら コトコト 順番に煮詰めていきます


30日 
離れてる子供達にお餅やふる里の正月料理を少しずつ送った後 お正月用の花に

玄関先
大王松を使って華やかに!と 意気込んではみたものの~ 
剣山では 何度挑戦してもすぐ倒れてしまい四苦八苦、、、 
とうとう諦め 漆掻桶で なんとかおさまりました
大王松って活けるのが難しいですねー
何かコツがあるのでしょうけど???
c0094218_22215367.jpg


三畳間の小部屋は 昔の耳盥を使いました
c0094218_22261793.jpg

客間の床
c0094218_22494888.jpg

漆桶手焙りの上には ちょこっと
c0094218_22512859.jpg

溜塗のサイドボードの上
c0094218_22531710.jpg

壁掛け飾り台には ミニ門松をのせました
c0094218_2331598.jpg

残ったお花でお手洗いもお正月気分
c0094218_2314071.jpg


お花の後は 残ってるお正月料理を

 
[PR]
by fugeshietsuko | 2014-01-02 19:51 | 日々の出来事

明けましておめでとうございます

c0094218_19142881.jpg
皆様にとって 素敵な一年になりますように
今年も よろしく お願い申しあげます。
[PR]
by fugeshietsuko | 2014-01-01 19:10 | 日々の出来事