ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

有難うございました

『漆と花がてんこもり』の催事が終了しました。

台風2号が接近してたせいでしょうか 28,29日とも雨模様でしたが 沢山の方が訪れ 卯木敬子さんのフラワーアレンジメントと 池ノ坊松原社中の松原直子さんが活けられたお花 和と洋コラボレーションのお花を観賞したり 漆のお椀でお抹茶を飲んで頂いたりで 皆様 それぞれに楽しんで下さいました。

当日の玄関先には 2人合作のお花が 拭き漆の手桶に(夏ハゼ、三つ葉ツツジ)
c0094218_18522853.jpg

中戸を入ると 火床の上には 漆塗の手焙りに活けられた卯木さんの力作が 吹き抜けの空間にド迫力で存在感を示してました。(竹、グロリオーサ)
c0094218_18571224.jpg

三畳間の上がり口には卯木さんの活けられたアレンジメントが 古い耳タライの漆器で(ベル鉄線と枯れ枝、ギボウシ)
c0094218_1943236.jpg
c0094218_1951015.jpg


座敷の床の間は 中村さんの力作が 2点 小さい方のお床には まるで 孔雀が羽を広げて舞おうとしてるみたいに優雅なお花
(シュロ、オー二ソガラム、カラー、アケビのツル、ストレリチア、ギボウシ、アンスリューム、紅花、丹頂)

ああっ、掛け軸を取り替えるべきだった!!  反省
c0094218_1981118.jpg

こちらは 漆で描かれた鮎の掛け軸と活けられたお花が ピッタシ。(フトイ、カキツバタ、ニシキギ)  
c0094218_1918797.jpg

溜塗棚の上(ブルーベリー、シラン)
c0094218_2042075.jpg

壁掛け飾台(アケビ、オーニソガラム)
c0094218_20435727.jpg

もう一つの壁掛け塗板(ギボウシと、子デマリ???お花の名前忘れました)
c0094218_20463015.jpg


そして とってもユーモラスなアレンジメントは 階段タンスで(反ぞり椀に筍、エビネ)
c0094218_2050176.jpg
横からみるとこんな感じ
c0094218_20525035.jpg

ギャラリーの階段箪笥では 下地漆を作るコネ鉢に(フトイ)
c0094218_20572189.jpg

コーナ棚上段(ミチハギ)
c0094218_20595956.jpg
三段目(デンファレ、ナルコラン)
c0094218_2125437.jpg

厠の棚(モミジ、センダイハギ)
c0094218_2143585.jpg

坪庭(紅葉)
c0094218_21105759.jpg
シトシト雨の濡れた庭がきれいでした
c0094218_21124649.jpg

中村さんの山から採集したという自然の花や枝が 全体を随分和ませてる気がします。

準備に取り掛かったのが開催の5日前。 

右も左も解らぬまま 初めて行った今回の催事。
不慣れの為 行き届かない処が多々ありました。
それでも皆で力を併せ協力して頑張ったお陰で やり終えることが出来ました。

お立ちより下さった皆様、お友達を誘って来て下さった皆様、裏方でお茶の担当をして下さったKちゃん、Nちゃん、Mちゃん、お運びを手伝って下さったYちゃん、受付を引き受けて下さったサヤちゃん、本当に有難うございました
[PR]
by fugeshietsuko | 2011-05-30 18:58 | 日々の出来事

今週末催しの ご案内

28(土),29日(日)に 我が家で催しのご案内です
c0094218_7333260.jpg

近所の古窪邸で一昨年から年に一度催されてる『花 うるし 屏風』展

昨年 古窪邸で一緒になった 花店卯さぎ の敬子ちゃんから 『来年 大﨑さんとこでも やろうよ!』
古窪さんからも上町通りで一軒よりも賑わいがでるからやってよ』と背中を押され 初めての試みですが 催すことにしました。

漆にも触れて欲しいと思い 塗りのお椀で たて出しのお抹茶とお菓子(500円)も用意します。

ちょうどこの日は偶然にも 火事で延期になってた住吉神社春祭りと重なります。
お祭にお出かけ方々 お気軽に 我が家にも お立ち寄り下さい。 
[PR]
by fugeshietsuko | 2011-05-23 07:40 | 日々の出来事

ちょっと出かけてきました

5日ばかり出かけてきました。

私は 銀座和光並木館で22日まで催しされてた『ベビースプーンに愛を込めて』のアテンドが目的だったのですが シロウさんの出張に合わせて便乗し 関東方面を廻りました。

和光に行く前に 築地市場を初めて見学。
c0094218_5472649.jpg
さすが! 日本の台所といわれてるだけあって 大勢の人、人、人。
c0094218_552395.jpg
うわぁーすごい! お祭みたいだぁーと思ってたら18日は年に一度の半値市だったんです。
新鮮な野菜、お魚、お肉が信じられない位に 安~い。
食べ歩きの出来る小さなお店も沢山あるんです。
c0094218_5595869.jpg
ワクワクすることばかりで とっても とっても 楽しい時間を過ごせました。
A様お忙しい時間をご案内頂き 本当に有難うございました!!!

いつか ここを目的に出かける時間を持ちたいなぁー。


東京での用事を済ませ 次の目的地に向かう為 箱根の山越えをしました。

こもれ陽から覗く新緑がきれいです。
c0094218_6253498.jpg
休憩で芦ノ湖湖畔に立ち寄ったり
c0094218_6283111.jpg
元箱根の杉並木を走り
c0094218_629946.jpg
十国峠ではケーブルで昇りましたが その日の富士山はお休み状態で見ることが出来ませんでした。
で 案内写真で我慢です
c0094218_6333583.jpg
あちこちの用事が済んで 昨夜帰宅。

「疲れたら運転 変わるよ!」と言っても 「大丈夫」とのことで 私は助手席でウトウト眠ったり
ずっと 運転してたシロウさん 1500キロを走破しました。

出かける前、職人さんから心配してもらったけど まだ いけるね。 
 
[PR]
by fugeshietsuko | 2011-05-22 20:24 | 輪島塗と塗師屋のこと

琵琶コンサート

昨日は 浄願寺(矢の花寺)で 源平の絵巻琵琶コンサートが行われました。

演奏された方は スイス出身で関西にお住いの筑前琵琶のギニャール旭西さんと 薩摩琵琶正派の石田克佳さん。
14:00から 演奏が始まりました。
c0094218_14542211.jpg

私達夫婦は 昨年秋 滞在されたサロメさんの関係で 裏方のお手伝い。

シロウさんは2部のスイスと輪島の文化交流会立ち上げ会の司会を仰せつかりましたが 私は 会場に来て下さる250人分のお茶とお菓子の手伝いでした。

『お茶は どんな入れ物にする?』

中浦屋さんが用意して下さるお菓子は アジサイをイメージした小さいえがら饅頭なんですって。これを盛る器は何を使う?』

『どうせなら 漆器を使いたいよね!』

一部と二部の合間に お琴の演奏をする彩漆会仲間の純永さんと相談した結果 家具膳と家具膳についてる猪口を使うことに。

あちこちの知り合いや漆器組合、輪島市に協力してもらい 猪口を250個用意しました。
お茶用にです。
お菓子は 純永さんが用意して下さった洗朱のお膳に あじさいの葉をあしらい がくアジサイのイメージで。
c0094218_15144520.jpg
四隅に置くだけしか アジサイの葉がなかったのですが がくアジサイをイメージ出来たかしら?

スイスのクッキーは 大てまりの花をあしらって 可愛く盛り込みました。
c0094218_15204481.jpg
これを 演奏が済み次第 一個ずつ取り回してもらうことに。

お茶の用意などで全く演奏を聴くことを出来なかったのが残念です。

会場を提供された浄願寺のご住職様、全体を統括された建築士の高木信二先生をはじめお世話人の方々  お疲れ様でした。

個人所有の猪口は どれも 久しぶりに出番が回ってきたのがうれしかったのか 使ったあとは ピカピカに輝いてましたよ!
ピカピカになった器(多分 明治時代に作られた猪口)に うっとりみとれてて 写真を撮るの忘れてしまいました。
[PR]
by fugeshietsuko | 2011-05-16 15:37 | おうちご飯と漆の器

卵かけご飯

夕刻時、バタバタしてたら 食事を準備する時間がなくなってしまいました。

今晩 何食べよう~???
今から買出ししてると 旦那さまの眉間の縦シワが 益々増えそう~

えっと、えーっと、
冷蔵庫に豆腐があったっけ、、、
ちょっと肌寒くなってきたみたいだからお酒の友は 湯豆腐でも大丈夫だわ、

それと、それと、何しょう?

あっ、そうだ! 念願だった奥能登産鵜滑稽の卵が昨日手に入ったんだっけー
c0094218_21392274.jpg
今 ご飯炊いてるから いいタイミング!

ってことで 晩御飯は 卵かけかけご飯と 作り置きのキャラ蕗、ウドのキンピラ。 
きわめてシンプルな晩御飯です。

小さめな鵜滑稽の卵の割には あらっ まぁー 黄身が大きくて立ってる!!
c0094218_21415215.jpg
お味の方も 濃厚で おいしゅうございました。

旦那さまの眉間の縦シワを見ずに済んだことも ご馳走のうちよ。
[PR]
by fugeshietsuko | 2011-05-13 21:47 | おうちご飯と漆の器

ベビースプーン展示のご案内

しいの木記念館で発表された 輪島うるし探偵団のベビースプーンは 銀座 和光並木館3階で 明日から展示されます。
5月13日(金)~22日(日)10:30~18:00

和光さん発行のチャイム銀座5月号にも載ってます。
c0094218_18455892.jpg
ページを開くと ね!
c0094218_18501761.jpg
会期中は 輪島うるし探偵団のどなたかがアテンドし それぞれの熱い思いを込めてベビースプーンにつけた模様の物語を話して下さることでしょう。

会期中 銀座に出る機会がございましたら 是非 お立ち寄り下さい。

私は 18日の午後 アテンド予定です。
[PR]
by fugeshietsuko | 2011-05-12 20:30 | 輪島塗と塗師屋のこと

連休中の出来事 2

連休の後半は 姪っ子のサナちゃん家族が帰省してました。
久しぶりに会う将君は もう 1歳半。
片言の幼児語で語ってくれるんです。  
可っ愛い!!!
c0094218_1023177.jpg

山菜採りに出かけました。
まだ八重桜が残ってる縄又の自然農園です。
村田さんにお願いしてここで採らせてもらうことに。
c0094218_1071368.jpg

農薬や 犬、猫の糞を気にせず安心して採れる足場のよい処です。
菜花の手前は雑草にまみれて柔らかいヨモギや野蕗、あさつきがたくさん生えてます。
c0094218_10143572.jpg

私は将君の鼻歌?を耳にしながら セッセとヨモギの新芽摘み。(草餅用です)
サナちゃん家族は 野蕗やアサツキ摘み。
野蕗はキャラ蕗に、ヨモギは草餅に、あさつきはタコと酢味噌和えにし 皆で堪能しました。

福島第二原発事故後、屋内暮らしが多い将君だとのことで 思いっきり日差しをあびようと 鴨ヶ浦海岸やマリンタウンにも出かけました。
猫の地獄から日本海の荒海を覗く将君
c0094218_10405753.jpg

小石を海に投げるのが面白いみたい。
大人も童心に返り 小石の三段投げや五段投げに挑戦。
c0094218_10451640.jpg

マリンタウンでは 高いところに上がるとご機嫌の将君。
c0094218_10465770.jpg

そして今日は‥
サナちゃん家族も帰り‥
又いつもの生活に戻り‥ 
ちょっと 心寂しい連休最終日です。 
[PR]
by fugeshietsuko | 2011-05-08 10:02 | 日々の出来事

連休中の出来事

長いと思ってた飛び石連休でしたが あっと言う間でした。
連休前半の1日は 父と母の法要でした。
血縁が濃い親族だけが集まり 故人を偲びました。 
お勤めが済んでお墓参りを済ませた後は 我が家でお寿司以外は季節の手料理を食べながら 3代目庄右ェ門さん、秀子さんの思い出話に花が咲きました。
c0094218_7592937.jpg
今回も盛器代りに使う丸重が活躍しました。

お重は重ねられるので とても重宝します。
旬のウドの粕合えと 葉わさびの粕合えは 前夜に作り丸重に詰めておきました。

ウドの粕和え
c0094218_6173136.jpg
葉わさびの粕和え
c0094218_618524.jpg

地物の筍って今年は裏年とかでなかなか見かけないのですが 故人の孫にあたるキミちゃんが竹山からの掘り立てを届けてくれました。
c0094218_6275676.jpg
少し筍飯用に使い 後は筍の味噌煮にして削り鰹をたっぷりのせました。
c0094218_6405727.jpg

朝市で見つけた鱸は さっと酢〆して わらびやウド、野セリと一緒に酢物用。 
片口に入ったカラシ酢味噌をつけて食べます。
c0094218_6462878.jpg
山菜(行者にんにく、たらの芽、こごみ、ウド、コシアブラ、ヨモギetc)は大きな入れ子に一盛りし 廊下で揚げます。
c0094218_77012.jpg
次々と揚っていく山菜。
c0094218_723468.jpg
「はーい!こしあぶら揚りましたよー」
「今度は こっちに 持って来て!」
「熱いうちに召し上がれ!揚げ浜塩田の塩でさっぱりとね」
マー君のボーイ役は なかなかです。
c0094218_8213710.jpg

なんのことはない野菜?葉っぱだけの天麩羅でしたが 揚げたてはご馳走で喜んでもらえました。
c0094218_7382681.jpg

久しぶりに帰省した娘2人に あれも食べさせたい、これも食べさせたいとの親馬鹿発揮で 翌日も早くから朝市通い。
結果は‥ ‥ 
「お母さん 作り過ぎだよ、食べ疲れた‥」といつもの言葉を残し 帰っていきました。
[PR]
by fugeshietsuko | 2011-05-07 20:25 | おうちご飯と漆の器