ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

4月1日に 放映されます

この方 どなた?
よく TVで見かける方のような‥
c0094218_8583035.jpg
2月24、25日に 木地屋さん 蒔絵.沈金屋師 塗師屋を訪ね 輪島塗のことを取材された俳優の 田山涼成 さん。

わが家も取材されました。

4月1日に 放映されます。
c0094218_911092.jpg
BSジャパン(7CH)金曜日 午後8:00~9:00 (再放送 毎週火曜日午前11:59~)
ぜひ ご覧ください!
[PR]
by fugeshietsuko | 2011-03-30 09:18 | 輪島塗と塗師屋のこと

4年の歳月を経て

ここ2~3日は 目覚めると 屋根はうっすら雪化粧。
東北地方はこれくらいじゃなく もっと もっと 寒いところでの避難生活だと思うと 春は待ち遠しいけど 北陸の春は遅くなってもいいから 東北に回してあげたい!

能登半島地震直後の路地の金木犀の木。
壊れた土蔵が圧し掛かって このまま枯れてしまうのでは?と思ってましたが
c0094218_94595.jpg
4年の歳月を経て 多少 木は傾いてますが こんなに 生き生きと 立ち直りました。
c0094218_984756.jpg


今月一杯 町内の班長なので(毎年順番)義援金集め。
皆さん それぞれ 快く支援の気持を差し出してくださいました。
家を津波で流され 肉親の安否も解らず その上放射能の被害で 踏んだり蹴ったりの方に少しでも復興のお役に立てたらうれしい。 

初めて知ったのですが 輪島の水道水は 地下水をくみ上げてるんですってね。
だから とても綺麗なのだとか。
いざという時は 空いたペットボトルさえあれば 水道水を詰めて送ることも可能なんじゃない?
[PR]
by fugeshietsuko | 2011-03-27 09:17 | 能登半島地震情報

ベビースプーンプロジェクトのご案内

能登半島地震から4年目の昨日 しいの木迎賓館(金沢)で 『ベビースプーンにを込めて』 の作品が展示されました。(3月25日~4月10日)

能登半島地震のあと オゾンビル(東京新宿)で復興プロジェクト『能登半島地震蔵出し市』をお世話下さったよこやまゆうこ様の提案で 昨秋 「輪島うるし探偵団」 と言うグループが立ち上がりました。


今回は復興プレジェクトに参加した輪島の漆作家や塗師屋20人で 小さなスプーンの中にそれぞれの思いやメッセージを凝縮した作品が沢山展示されてます。
c0094218_10571035.jpg
 壁に掛けて 日々楽しめるようにアクリルケースに入れる事も出来ます。
c0094218_118373.jpg
 3月25日(金)~4月10日(日)までの展示ですのでご覧下さい。

尚 『和楽』5月号に 《ベビースプーンにを込めて》 の関連記事が提載されます。
又 5月13日(金)~22日(日)の期間は 銀座 和光 並木館3階(10:30~18:00)での 展示となります。
是非 ご覧ください。



震災から4年の歳月が流れた輪島。 
当時の絶望的な気持から 沢山の方の暖かい励ましに支えられ 希望を失わずに歩んできた私達です。

東北関東大震災の後 TVからは復興に向けて歩き始めた被災地の状況や 原発に付随する放射能汚染の暗いニュースばかりで心が痛む毎日ー。

でも どんなにどんなに過酷な暗い夜であっても必ず明るい朝がやってくることを信じたい。
厳しい寒さの東北も 暖かく微笑む春は近づいてます。

被災地の皆様 どうか 希望を失わずに歩んで下さることをお願いします!
[PR]
by fugeshietsuko | 2011-03-26 11:04 | 輪島塗と塗師屋のこと

平穏な日が来ることを信じて

しばらく PCやブログから遠のいでました。

2月は テーブルウェアーが済んでも ずっと慌ただしい日々。 

3月に入り やっと落ち着いて確定申告に取り掛かれると思った矢先に 39℃の高熱が3日続き (検査したらインフルエンザではなかったのですが)熱が下がってもはっきりせず ここにきて やっと体調も戻ってきました。

シロウさんにも私の風邪をうつしてしまい (こんな時だけ仲良しって笑えます) 2人で うつろな目をし ゴホ、ゴホ 咳き込みながら毎日を過ごしてました。 

なんとか 確定申告も ぎりぎりセーフで間に合い 一息ついてます。


11日の東北関東大震災、大津波、原発事故、長野、昨夜は静岡での地震と 一箇所だけでなく これでもか これでもかと 目を覆いたくなる惨事に 何も手につかない状態です。

4年前の能登半島地震で我が家が被災し 呆然自失してる時 沢山の方々の暖かい励ましで 私達は立ち直ることが出来ました。

ありきたりの言葉ですが 被災されてる皆様に 心からお見舞い申し上げます。

報道を見るにつけ 何もかも失い 肉親の安否も確認されないまま 寒い中 暖房もなく 夜は暗闇の避難生活。
不安と不自由一杯の生活を送られている被災者の方々を思うと 暖房ある部屋で暖かい食事を口にするのに罪悪感を覚えてしまいます。

せめて出来る事は 自然の摂理に添った生活だと思い 日の出と共に起床 日の入りと共に休む。
使わない電源は元から切る 節電には心がけてますが この生活を一時的でなく習慣にしたい。

c0094218_1421169.jpg
今日も寒い日ですが 春は近づいてます。

必ず 必ず 平穏な日々が訪れることを信じ 一人 一人 何が出来るのか 何をなすべきなのか 冷静に考えましょう。
[PR]
by fugeshietsuko | 2011-03-16 11:06 | 日々の出来事