ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

<   2010年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

三女の結婚式

27日は カヨ子の結婚式でした。

バージンロードを歩く シロウさんと花嫁  
c0094218_1943146.jpg


披露宴で ケーキカットの新郎 新婦
c0094218_19441749.jpg
永~く永く支えあって幸せな家庭を築いてね 
!!

裕一さん カヨ子をよろしくお願いします


長女と次女に手を引かれ お色直しのため 退席する花嫁 
c0094218_1945109.jpg


三姉妹よ いつまでも 仲良くね 
c0094218_19465352.jpg


花束贈呈で 新婦の父も母も新婦も ウルウル 
c0094218_19541327.jpg
c0094218_1955462.jpg



贈られた花束は お座敷の入り口に飾りました。
c0094218_19555259.jpg

[PR]
by fugeshietsuko | 2010-11-29 12:56 | 日々の出来事

今日の漆器 5

今晩の夕食は 思いがけない豪華版。

お使いもの用にお願いしてた香箱蟹が手に入りました。

『身が入ってないかもしれないけど 食べる?』
お世話して下さったたH子さんから おすそわけで頂いたおまけのズワイ蟹
『食べる!食べる!水蟹でも有難いよ!!』
お鍋で 蒸すこと 約1時間。
食べやすいようにさばいて 板皿に載せました。
c0094218_2145522.jpg
水蟹どころか みっちり身が詰まってて シロウさんと堪能しました。
H子さ~ん こんなに豪華な蟹頂いちゃったけどいいのかしら? 
とっても 美味しかったよ ♪~♪
これじゃ わらしべ長者だね(笑)
ご馳走様ー! 本当に ありがとう!!!

蟹を乗せた板皿は 口径33.5×18㌢ 中サイズで販売してる板皿です。
汁もの以外は何を載せても 料理が美味しく映えるので よく使うお気に入りの器に一つ。
c0094218_21454889.jpg

もう一つの豪華版は これ!
ほまれ大吟醸
能登杜氏の横道俊昭の原酒です。
c0094218_21465456.jpg
めったに手にはいらない珍しいお酒だそうで 今日 T様から頂きました。
シロウさんが 『オッ!これは‥』と 唸ってます。
そんなに美味しいの? じゃあ 私も 一口だけね!
あらっ~ 美味しーい ♪~♪ 
もうちょっとだけー ね、
18度もある原酒。 
すっかり酔っ払っちゃたみたい~。

今晩の金メダル椀には 熱々絹豆腐の上に味付けなめこを入れました。
c0094218_2334872.jpg

[PR]
by fugeshietsuko | 2010-11-26 21:49 | おうちご飯と漆の器

今日の漆器 4

25日は お魚屋さんが お休みの日。

たまにはお肉料理をと思ったのですが 昨日の残ってたタコを里芋と煮込み 芋ダコにしました。
c0094218_19374570.jpg
この鉢も 確か結婚式の引き出物で頂いたものだったんじゃなかったかしら?
口径15㌢の赤塗りで中に梅?の沈金がついてます。
c0094218_19382968.jpg

銀杏鉢には 昨日 朝市で見つけた地物セロリーと椎茸、冷凍してあったイカでオイスター炒め。
最近は採れたての地物野菜が種々出回り 安価なので助かります。
c0094218_1939856.jpg

今晩の金メダル椀は もやし、ネギ、厚揚げの酢物。
c0094218_19395169.jpg

[PR]
by fugeshietsuko | 2010-11-25 20:07 | おうちご飯と漆の器

今日の漆器 3

今晩 使った漆器は 口径24㌢の洗朱色の鉄鉢。
何故鉄鉢って呼ばれてるのか語源は知らないのですが 本来は お菓子を入れるポピュラーな器です。
c0094218_19154423.jpg

私共でも作ってますが これは 十数年前に同業者の方の披露宴の引き出物で頂いたものなんです。
もちろんお菓子も入れますが 料理で使うほうが多いかも?

夕食に お刺身を入れました。
c0094218_19252698.jpg
ね!お刺身が映えるでしょう!

このような鉄鉢類、バブル最盛期の頃 よく 結婚式の引き出物に使われました。
そのまま忘れて 押入れの片隅に眠ってることってありませんか?
使いやすいですよー!
思い出して使って下さーい。

色物は 洗って水滴を残したまま乾くと 黒塗りよりも水あとが目立ち 後で取れ難い気がします。
洗ったら その場で布拭きするのが いつまでも 綺麗に使えるコツかなぁ。

金メダル椀は 今晩も 水餃子の取り椀のお役目。
c0094218_19352849.jpg
長女の届けてくれる餃子の種は 沢山作るので 美味しいんですよ。
 
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-11-24 19:42 | おうちご飯と漆の器

今日の漆器 2

名古屋ドームに展示してた商品の片付けに 追われる日々。
明日はお客様をお迎えします。 
今日中に ギャラリーに商品を納め きれいにしておかなくっちゃ! 

一生懸命頑張ったんだけど 夕ご飯の仕度が遅くなってしまいました。

あらっ? 台所で音が‥
シロウさんお得意の鳥蕎麦の準備をしてるようです。
やったぁー! シロウさんが作る 鳥蕎麦って 美味しいんですよ ♪~♪
c0094218_2133754.jpg
ご馳走様~ とっても 美味しかったで~す!

今日 11月22日は『イイ 夫婦』の日だそうですネー。  
今日は私達も そ、う、か、も、‥ね。

今晩 使ってた漆器は もちろん これ!なよなよ椀
口径20㌢もある 大椀です。
饂飩や蕎麦 ラーメンなどの麺類を食べる時は いつも使ってます
c0094218_20435548.jpg
最初は 同じ口径の陶器のを使ってたんですが 熱くて手で持てないので 漆器で自家用に作ったんです。
両手で持っても すべらないように なよなよした姿でね。
ふうふうしながら 熱いお汁が飲めますよ!

使ってると とっても塩梅がいいので 今は 商品化しました。
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-11-22 21:00 | おうちご飯と漆の器

今日の漆器 1

銀杏鉢もよく使う器です。
銀杏鉢ネーミングの親は 木地屋のようこちゃん。
我が店では これを 蒔地仕立て(地の粉を下地した上からさらに蒔いて仕上げる)にしてます。
c0094218_2102612.jpg


昨夜 食べ切れなかった鱈や豆腐を から揚げにし 銀杏鉢に。
金メダル椀は 今晩も取り椀の役目。
c0094218_2142973.jpg
Kさんから頂いた天然なめこは甘辛煮。 
から揚げとなめこに大根おろしをかけ さっぱりと。 
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-11-21 21:12 | おうちご飯と漆の器

金メダル椀

ほぼ毎日愛用してる私にとっては とても便利な金メダルのお椀。
高台が無くて乾漆が表面に施してある 小鉢かボールみたいな形のお椀です。

今は 使い艶がでて綺麗ですが はじめは‥
c0094218_20561195.jpg
約33年前‥まだ若かった頃 土蔵の片隅にひっそりと泥まみれになってたのを見つけたのが出会いでした。

輪島川が51年前に氾濫して大洪水になり 我が家も1㍍位 床上浸水したことがあったんです。
その時の泥が付着したまま 土蔵で忘れ去られてたんでしょう。

何だろう?この泥まみれのものは‥ 

好奇心に駆られ 洗ってみると 蒔絵が施してある 乾漆仕立ての椀でした。
蒔絵から推測すると 戦前に作られたもの??? イェ、もっと 古いものかも??

洗っても 洗っても 乾漆の中に滲みこんだ泥は容易に 落ちません。
乾漆で傷付く心配は無いので 歯ブラシ、たわし、色々使ってゴシゴシ。
それでも まだ 泥は細かい目の中にしがみついてます。

『蒔絵付いてるけど 思い切って使おうっと!使ってれば 目の奥に入ってる泥も その内 落ちるでしょうから‥』 ってことで 食器棚に移し 使い始めて 35年近く~

今晩は お鍋の取り椀のお役目。
c0094218_2119582.jpg
ひね鳥や鱈、自然薯、野菜やキノコを入れた寄せ鍋。
寒くなってくると 鍋料理が一番暖まるので 我が家はよくやります。 

熱々のものを入れても 熱さが外まで伝わらないから 手で持っても 大丈夫。
我が家でのお鍋からの取り椀はこれを使い いつも大活躍してくれます。

自然薯が美味しいダシをタップリ含み 美味しかったです♪~♪
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-11-20 21:39 | おうちご飯と漆の器

今回のやきものワールドで感じたこと

焼物ワールドで 私どものブースを訪ねて下さったお客様方との会話から 漆器は持っていらっしゃるのに しまい込んだまま 使われてないことを ヒシヒシと感じました。

赤木明人さんは 輪島塗を ぬりもの(日常に使う輪島塗)と 漆器(晴れの日に使う加飾付きのお椀やお盆などのテーブルウェアー 豪華な加飾が施してあるテーブル 棚などの家具類の輪島塗)に区別してらっしゃいます。

私も その通りだと思います。

加飾を施してあるものは 日常は 心理的に使いづらいと思いますが 塗りっぱなしのものは毎日の食卓で 食事のパートナーとして 使って欲しいのです。 

日々の食卓に 漆の器が加わると 食卓が華やかになり 同じ食材でも 美味しくご馳走に見えるのは漆器のマジック。

輪島塗は すべてが人の手から長い時間をかけて生み出された器。

最初に 求める時は 高価でなかなか手が出ないことも事実だし 高価だから 仕舞いこんで使わないこともわかります。

でも 輪島塗は使わないのが一番もったいな~い!

酷使しても耐えられるように作られた器が 輪島塗なのですから。
たとえ粗相をして割れても破片を取っておくと 修理して元のきれいな姿に戻せる器なのですから。
長~い歳月で見ると こんなに安価でエコな器はないと思うのですが‥


このままでは 日本の国から 漆器が消えていきそうな不安を感じました。
japan(うるし)と呼ばれる言葉が 何十年か先には 無くなってしまいそうな気さえします。

今なら まだ ぎりぎり  間に合うと思います。
私達 塗師屋がすべきことは 販売も大切ですが 買って頂いたものを 日常 気楽に使って頂くことを お客様にわかりやすく理解してもらう努力ではないでしょうか。

販売の数字だけを追い求め 日常の使い方や 簡単なお手入れの仕方をしっかりと伝えてこなかったことは 反省すべきでしょう。

毎日 漆器を使ってると 漆の魅力に惹かれてしまうことは 確かなのですから‥‥

これから 漆器の魅力を楽しんでる塗師屋の女将がよく使う器を 追々 紹介していきたいと思います。  
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-11-19 20:42 | 輪島塗と塗師屋のこと

帰ってきました

9ヶ月ぶりにしばらく我が家を離れ 名古屋ドームで開催されてた『やきものワールド』での出店を終えて ただ今 帰ってきました。

出かける前は 相変わらず てんやわんや。
留守する前に終えておかなければならない仕事が山積みで 少し無理をしてたら腰にきて 1日ダウンするハプニングも。

一人で一週間もブースに立ち笑顔で接客出来るかしら?と 腰ベルト持参の不安な気持で出発しましたが 元気に終えることが出来たことに 感謝! 感謝!


出かけて良かった!
懐かしいお客様との再会や 新しいお客様との出会い。
輪島にずっと篭ってると お客様が何を求めていらっしゃるのか 一人よがりの都合よい方向に 考え方が傾きがち。
今回は それに気ずかせてもらえました。

ブースを 訪れて下さった数々のお客様 有難うございました。


帰り道 立ち寄ったノリタケの森。
c0094218_21535512.jpg
 ビルが立ち並ぶ中にあるのに ここは別世界。

とても静かで ホッとしました。
枯葉が落ちた木々が目立ちましたが 青空が綺麗です。
c0094218_226816.jpg
 お天気にも恵まれ 名古屋は暖かったです。

それに比べ 我が家は‥ 寒~ぶ~~!
さぁー暖かいお風呂に浸かって ゆっくり休もうーと。

 
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-11-18 22:13 | お出かけ

ツブツブ、プチプチ


S さ~ま 私も 作りましたよー!  

あの ツブツブ プチプチを ♪~♪ 

Sさまが帰られた夕刻 夕市で見つけました 袋の中にぎっしり詰まったツブツブをー。

ブログで紹介されてた通り 大根を使って皮を剥いたら 粒が壊れる事無く とっても 楽ちんでした。

お酒と醤油半々のタレに浸して 只今 冷蔵庫に 眠ってまーす。
c0094218_17233934.jpg


プチプチになるのは 明日あたりかしら? ♪~ ♪~ ♪ 
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-11-01 17:23 | おうちご飯と漆の器