ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

<   2010年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

初取りのタケノコ

三月も 終わりだぁー。

前半は駆け足で過ぎ去り、後半は マイペースで仕事が出来る様になって一息。

もう タケノコの季節になったんですねー。
親戚から 掘りたてタケノコのプレゼント
c0094218_2031092.jpg
タケノコご飯にしました。
c0094218_2053959.jpg
いつもは具沢山の豚汁などに使ってる布目椀に 今日はタケノコご椀を盛りました。
素朴な感じの布目椀には タケノコご飯との相性もいいなぁー!

このお椀 使い初めてもう何年になるのだろう‥??
かれこれ12年は経ってる‥
使い続けてくうちに 上塗り漆が少しづつ 少しづつ擦れてって 下の布目が段々浮き出し いい感じ!  オ ホ ホ‥‥
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-03-31 20:05 | おうちご飯と漆の器

葉わさび その2

またまた 葉わさびの話題です。

Hiro君が 葉わさび持参で 我が家に。
リクエストは 粕和えにして欲しいとのこと。

ウドの粕和えは作ったことあるのですが 葉わさびは 始めての挑戦。
葉わさびは熱を加えたら すぐに密封しないと 辛さが逃げてしまう‥
粕と和えるタイミングは いつ?
レシピー検索しても 出てこないしー こうなったら勘だけが頼り。
全く自信無~い。

まずは 白藤さんちの酒粕に味醂を加え柔らかくなるまで擂ってからー
c0094218_19321096.jpg

葉わさびを洗って 塩で揉んで固く絞って 適度の大きさに切ってっと‥
熱湯をかけたら もっと固く絞って水気をきって密封容器にいれ上から酒粕をのせてっと‥
素早く! 素早く!  もたもたしてると 辛さが逃げてしまう‥ 
c0094218_2005124.jpg
半日過ぎて 夕食に試食。
あんまり辛くないなぁー やっぱり 失敗?と 思った時 
あら らっ?  じわっと辛さが口の中で広がるー   辛っ!
粕和えの時は 辛さを感じるのが 遅いのよね。

Hiroくーん  辛いのが出来てるよー。
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-03-29 20:14 | おうちご飯と漆の器

寒の戻り

今日も 寒~い!!! 気温はここの処 一桁台。
昨日は 粉雪が時折散らついてたっけ‥
3月下旬って こんなに 寒かったかしら?

先日 Kさんから頂いた しいたけも寒そう~
c0094218_10144042.jpg
原木から出来るしいたけは肉厚で味も濃く 採集が楽しみ。
寒さに負けず 大きく育ってね!
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-03-27 10:41 | 日々の出来事

わらしべ長者?

村田さんちの自然農法野菜の直売日(毎月第4週の金曜日)
今月は ほうれん草と小松菜でした。
小松菜の緑が濃く 見るからに栄養凝縮してておいしそう‥ 
一束多めに買って Mさん宅にプレゼント。

そうしたら 文旦や手作りたくあんを頂いちゃった!
こんなに頂くなんて わらしべ長者じゃない?
c0094218_20305092.jpg
夕食でさっそく たくわん頂きました。
やっぱり家庭での手作りのが一番 美味しいね。 ごちそうさまー。
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-03-26 20:34 | 日々の出来事

能登半島地震から 3年目

私達の記憶からどんどん遠ざかってますが 今日は震災から3年目。

えっ、震災があったの?って思える程 街中は復興が進みました。
あちこちに空き地が 増えましたがー。

我が家の仕事も生活も震災前のペースに戻りました。 

子供部屋だった2間は昨年の初夏から新しく生まれ変わり 漆ギャラリーとして活躍してます。

壁の中央部分は 震災後 オーグさんのご厚意で手漉きのネパール和紙がはられて 和やかさを醸し出してます。 
c0094218_1554377.jpg


階段タンスの壁は篠山や金沢、地元の左官屋さん達の手で磨きが きれいに光ってます。
c0094218_175145.jpg


床板は拭きうるしを掛け2年半が経て しだいに木目がきれいに浮き出てきました。
c0094218_15544589.jpg


収納タンスの1本には土蔵が壊れた時に顔を出した古い見本椀が納まってます。
今は金蒔絵が主流ですが 輪島の先人方が戦前、戦中と金が手に入りにくい時でも知恵を絞り 色蒔絵で工夫して模様をつけた見本椀。
明治、大正時代のもの(今では どんな手法だったのか解らないもの)などなど。 
気分が落ち込んだ時など これを見て 先人方はもっともっと厳しい状況の時でも 頑張ってこられたんだ。弱音なんて吐いてられないぞ、まだまだ努力が足りないなぁーと反省させられたり 励まされたり‥。 
c0094218_1624456.jpg


上塗り蔵も2年半で 左官の方々、大勢のボランティアーの方達 延べ人数にすると?百人の手を経て 震災前と変わらない壁の厚さが着き 後は お化粧を待つのみとなりました。
床板の張替え作業が1部分残ってますが今春には完了し 1階部分は 出来上がってる商品の収納庫となります。
c0094218_17182172.jpg


先日 Hiro君のブログ(震災直後にどれだけ彼から元気をもらったことか‥)で震災のを読んだ時には 当時の記憶が蘇り 涙が止まりませんでした。
二度とこんな辛い体験はしたくない。 
震災までは気付かなかった平穏無事な なにげない普段の生活が いかにかけがいの無い幸せなものかー

絶望の淵から救って下さったのは 大勢の皆様の暖かい心からの励ましと 行動でした。

何としてでも 元の姿に戻したい‥の一心で 沢山の方々のお力添えを得て ここまで 修復することが出来ました。
震災を通して 支えあい 助け合うことの大切さを 学びました。
本当に 本当に 有難うございました。


ご恩になった皆様に 私達が出来る事はー
いにしえから伝わってきた塗師文化を大切に守り 発信し 伝えて行く事だと思います。
『漆のある生活』
シロウさんと力を併せて 元気に頑張っていきます。 
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-03-25 06:31 | 能登半島地震情報

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

近所のN邸の土蔵。
地震で大きなダメージを受けてましたが 土蔵文化研究会が借り上げ 今年末に土蔵レストランとしての完成を予定してます。

昨日から 手打ちが始まりました。
春休みに入った大学生や左官屋さん達 約30人の方々が駆けつけて土付け作業。
(メンバーの中には 私家の上塗蔵修復でお世話になった方々もいらっしゃってます)

今日は全国的な大荒れの予報。
中止になるのかなぁーと思いきゃ 雨も風も 何のその。 
皆 泥まみれになりながらの大奮闘!! 

朝は養生してたブルーシートを外してる間も時折雨風が
c0094218_1464665.jpg
土蔵の外では 泥だんごを作り
c0094218_14115637.jpg
ハイ!ハイ!の掛声と共に 泥だんごを投げ上げてます。
c0094218_14143538.jpg


土蔵の中も 泥団子作りチーム、手打ちチーム、泥を運ぶチームと様々な連携で どんどん 作業が進んでます。
c0094218_1418236.jpg
c0094218_14201461.jpg
c0094218_14252438.jpg


皆さんの熱意が 雨も風も吹き飛ばしたみたいですよー!
午後になると 雨も風も去って穏やかな曇り空になり よかったー。
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-03-21 14:06 | 日々の出来事

葉わさび

どこで見つけたのか長女が葉わさびを買ってきてくれました。。
c0094218_1918238.jpg
もう春を告げる山菜が出回ってるんですね~。
塩もみしてから熱湯をかけ すばやく絞って 三倍酢で密封しておきました。
c0094218_19221367.jpg

口に入れる度に  はぁーー ひぃー  涙がポロリ
初めに塩もみするようになってからは 辛さが逃げないようになりました。 
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-03-20 19:29 | おうちご飯と漆の器

たまには

ハヤシライス食べたいなぁー。
お子ちゃま系が得意なシロウさんのつぶやき。

はいょ!ONEプレート料理は 後片付けが楽だから私も大歓迎。

シロウさんは大切に取り置きしてたらしいワインをいそいそと土蔵から取り出してきました。
『2人で呑むにはもったいないよ。誰かがいらっしゃた時まで大事に取っておこう』って言うのも聞かず
『いい、いい。今晩はこれじゃー』
春のにごり酒は無くなったことだし まぁー たまにはいいっすか。

にごり酒で使った《ショトグラス》に今度は野菜スティックをいれてみました
c0094218_839832.jpg
カリフォルニアワインの今晩のお伴は 野菜スティック、モッツァレラチーズの蜂蜜かけ
c0094218_8401672.jpg
チーズと蜂蜜。料理家Uさまからの伝授なのですが ほんとに美味しいで~す043.gif
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-03-19 09:34 | おうちご飯と漆の器

いろは蔵の 催しもの

浦野芳子さんの 『お雛さまとつるし飾り』 3/15(月)~3/23日(火)

午後は1ヵ月に1回の 当番日でした。
入った途端 様々なお雛さまが 目に飛び込んできたのに仰天!
c0094218_17522059.jpg

浦野さんがいらっしゃって 一つ一つの作品を作ってる時の思いを説明して下さいました。

可愛いなぁ 欲しいなぁと思ったお雛さま達です。

童雛
c0094218_19525458.jpg

ゆらり雛  ゆらゆら揺れるのが面白い!
c0094218_1958085.jpg
五人官女?表情がなんとも可愛い!
c0094218_20465379.jpg
ぼんぼりも縫ってあるんですよ。上縁網代沈金の丸盆にぴったし!
c0094218_20474757.jpg
この他にも 決め込み人形の雛やメタボ雛?、沢山のお雛さまが勢ぞろいでした。

そしてつるし飾りのモチーフ1つ1つには意味がある縁起物とか‥。たとえば

這い子,ぞうり    這えば立て、立てば歩めの親心
c0094218_20185373.jpg
c0094218_20301752.jpg
c0094218_2031969.jpg


とうがらし    娘に虫がつかないように 
c0094218_2033474.jpg


さるっ子    厄が去る
c0094218_20354760.jpg

などなど。

お雛さまだけでは無く 端午の節句、四季折々の作品が盛り沢山展示されてます。

本を参考にしながら 約3年間の我流の作品だとか‥。
器用な方なんですねー。

すべてが手作りで 楽しみながら作られてることが作品から伝わってきて あったか~いほのぼのとした時間はあっと言う間でした。 
 
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-03-16 20:23 | 日々の出来事

今晩の『春のにごり酒』のお供は 

季節はずれの蟹
c0094218_20113193.jpg
網に混じって獲れたそうです。 
最盛期だったら高価なズワイ蟹が 「えっ、本当に?」って耳を疑いたくなるほど安価です。
(数匹でしたが)
『たぶん水蟹かも‥ でもこの価格なら あきらめつくなぁー』 駄目もとで買ってみました。
この季節なのに 身がみっちり。 
こんなラッキーな目に逢えるのも 輪島だからこそと 感謝 感謝!
c0094218_20451265.jpg
蕗のとう味噌2種。
左は 田舎味噌で。 右は 華店味噌で韓国風に。

にごり酒はほんの少しだけー。 この組み合わせもバッチgoodです。
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-03-15 20:36 | おうちご飯と漆の器