ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今年も 有難うございました

寒波の訪れで 寒い大晦日です。

今年もたくさんの方に励まされ助けられながら 1年が過ぎ去ろうとしてます。
皆様 本当にお世話になりました。
心から感謝を申し上げます。

お蔭様で ギャラリーも 完成しました。
来年4月をめどに 展示商品の引っ越しを 終えるつもりです。

仕事場の上塗蔵の壁も 震災前と変わらない機能を果たすまでに 壁土が つきました。
来年中には 商品を元の場所に 納めることが出来そうです。
少しづつ 少しづつ 前進してます。

お正月に帰省しない子供達に お餅とおせち料理を 少々発送しました。
最後に残っってた茶の間の掃除も 終えました。
これから 神様 仏様に1年の無事を感謝申し上げ 年越し蕎麦を頂きましょう。

あと わずかで 新年を迎えます。
[PR]
by fugeshietsuko | 2008-12-31 22:35 | 日々の出来事

新酒で クリスマス

c0094218_20312571.jpg今年も後わずかとなり 今週に入って 忙しい日々を過ごしてます。

今日 白藤酒造店さんの新酒 生 しぼりたてが 発売されました。
この日を待ってて お歳暮を準備してたら シロウさん ポツリと 曰く。
「俺も飲みたいなぁー」

今日は クリスマスだったんですねー
ケーキ って年齢でもないし 今年の
クリスマスは お酒でいきましょうか‥

『しぼりたて生原酒 おりがらみ』

このお酒は どんなおつまみと 相性いいんだろう?

あいにく25日は 朝市 夕市はお休み。
前日買ってたナマコで酢物 ノブコさんから頂いた大根と塩鯖の麹寿司 豚シャブで 720ミリ  1本 空になって 只今 とってもいい気分です。
メリークリスマス!
今晩は もう 仕事はおしまい。

明日から 頑張ります!
[PR]
by fugeshietsuko | 2008-12-25 20:28 | おうちご飯と漆器

忘年会

昨夜は ヨシコさんちで 彩漆会の忘年会。
自分が食べたい料理を 一品から2品作って持ち寄ります。
30代から すれすれ50代後半と様々な年代なのでので 料理も幅があって 楽しい!

まずは 持ち寄った料理を並べます。
c0094218_911336.jpg
c0094218_9132392.jpg

c0094218_9161379.jpg
c0094218_9353734.jpg

玄米サラダ タコのカルパッチョ ロール白菜の豆乳煮 鳥のから揚げ 1口カツ 
丸柚子とカーマンベールのおつまみ かぼちゃスープ サンドイッチ お寿司 
ホタテ貝の甘辛煮などなど‥ 無国籍料理。
メンバーの内2人は 出席できなかったのが残念でしたが
まずは シャンパンで 乾杯
白ワイン 赤ワイン ビール 炭酸水 等々。
漆の器に 焼き物。 
打ち合わせたわけでもないのに 色も統一されてて ピッタシ。
もちろん どれを食べても とっても 美味。
ワイワイ ガヤガヤ 笑いの中で あっと云う間に気付くと 11時。
会場を提供して下さった ヨシコさん 有難うございます。
年末の慌ただしい時 楽しい息抜きの時間を過ごさせて頂きました。

それにしても 各々が彩漆会で学んだ感性は 生きてます!
[PR]
by fugeshietsuko | 2008-12-21 08:33 | おうちご飯と漆器

能登のあかり展

午前中は いろは蔵の 当番でした。
能登島にお住いだという池田孝子さんの 能登のあかり展が展示されてます。
c0094218_7391513.jpg


入ってすぐ
蜜蝋を使った牡蠣貝の殻のキャンドルや サザエの殻を利用したキャンドル
c0094218_7413822.jpg
c0094218_746569.jpg










1階では
c0094218_7493588.jpg
c0094218_751848.jpg


窓ぎわ
c0094218_7585945.jpg
c0094218_7592273.jpg


そして 2階に上がると
c0094218_813322.jpg
なんと!黒と赤の家具膳の上での キャンドル

いろんなキャンドルがあり 夢があって 遊びがあって お陰様で当番してても楽しいひとときを過ごすことができました。
この催しは 27日まで展示されてます。
[PR]
by fugeshietsuko | 2008-12-20 13:32 | 日々の出来事

なかなか・‥

この日曜日こそ 
片付けなくっちゃ‥  掃除しなくっちゃ‥ って 思ってたのに
気になってる 台所 居間 寝室etc   
できませんでした‥

その前に しておかなければならない事が 多すぎて‥(言い訳?)
一年毎に 要領悪くなってる‥
悲しいことに 一度に幾つもの事が 同時進行出来なくなってきました。
年齢のせい?

自分の身の回りは 後回し。
まずは 仕事が優先。

どんなに忙しくとも 手抜きできないのは 食事の仕度。
もっと 要領よく 出来合いのものを利用できれば‥って思うのですが
ついつい 作ってしまう‥
これって いい事なのか 悪い事なのか‥
結構 時間取られるんですよねぇー。
わかっているんだけど 気付くと 台所に立ってる‥
デモデモ ひょっとしたら 食事の支度してる事で ストレス発散してるのかも?

今年もあと2週間。
片付け 掃除は 何時になることやら‥。
[PR]
by fugeshietsuko | 2008-12-14 22:47 | 日々の出来事

甲箱蟹

冬将軍が立ち去って この季節には珍しい小春日和。
海も穏やかそうだし 明日あたり 甲箱蟹(ズワイ蟹のメス)で 朝市が賑わうかも?
c0094218_2017367.jpg
今年は蟹の解禁日から しばらくして 海は 大荒れ。
あまり獲れないのか 価格も高価で なかなか 手がでません
(写真は 解禁日から 2~3日後 今日が一番安いかも?って日に 撮ったものです)

そう言えば 我が家に来て下さるフリ売りの魚屋Tさんのリヤカーには 旬の鱈も 余り みかけないなぁー。
温暖化の影響?
昨年が 懐かしい‥。
[PR]
by fugeshietsuko | 2008-12-10 20:28 | 日々の出来事

授業料

「お宅のホームページが見れないんですが 何かあったんですか?」
お客様から連絡頂きましたが どうしてだか さっぱり解らず HPを立ち上げて下さったヒロシ君にSOS。
調べてもらったら 更新の代金が入ってないことがわかりましたが 更新代金は 11月初旬に電信払込してるので 問題はないはずなんです‥
なんでだろう?何でだろう?と???を繰り返してたんですが 払い込んだ時の受領書をひっぱりだしてヒロシ君にみてもらうと 大﨑庄右ェ門と漢字で書いたのが 窓口でのキーボードに打ち込む時のミスで「オオサキシウエモン」となってたことが 判明。
メールのやり取りでしか調べるてもらうことが出来ず、その返事がくるのに何日もかかり
再び HPが開けるようになるまでに 2週間以上かかりました。
そして ドメイン復旧費用として 3150円は 余分の支払い! 

ファス サーバ ドメインetcと カタカナばかり並べられても それぞれの役割はさっぱり理解しておらず タダタダ ややこしいだけ。
デジタル社会は むずかしい!!!
[PR]
by fugeshietsuko | 2008-12-06 14:42 | 日々の出来事

冬野菜が 美味しい!

c0094218_19511988.jpgH酒造店の女将さんが漬けた白菜、たくあん、茄子のお漬物。
白菜、たくあんは糠漬け。茄子は粕漬け。
手作りは 余計なものが入ってないので 野菜そのもものうまみが凝縮。
こんなにお漬物が美味しかったら ご飯と汁物で充分です。
何年も漬けなかったけど たくあん漬けようかなぁーって 気になりました。


c0094218_203586.jpg我が家のストーブにはいつも お鍋がのってます。
鶏がらで 濃縮スープをとり 今回はカリフラワーを煮てミキサーにかけペーストに。
かぶら、にんじん、じゃがいも、玉ねぎetc煮込んでから ペースト状のカリフラワーをトッピングしたホワイトシチュー。
大ぶりのお椀に盛って ふうふう言いながら食べてます。
はまってしまいました♪~
寒い季節 体が暖まって美味しいですよ!
[PR]
by fugeshietsuko | 2008-12-03 20:19 | おうちご飯と漆器

至福のひととき

昨日は とっても貴重な体験をした1日でした。

『一緒に納品に行こう。Tさまがご馳走して待ってて下さるそうだよ!』
シロウさんから その話の内容を聞いた時は 正直緊張し ビビってしまいました。

日曜日 朝 6時に輪島を出発。
金沢駅に車を置いて 汽車で 目的地へ。
着いたのは お昼過ぎ。

T様の御宅は 目をみはるような近代建築の豪邸でした。
2時過ぎから始まった フレンチのホームパーティ。
品良いテーブルクロス。
納品したプレートと洋食器が組み合わされたテーブルに 帝国ホテルの今は亡き村上さんやホテル大倉の小野さんの下で修行されたHシェフが地物食材を使って腕を奮った美味しい料理が次々と運ばれてきます。
美味しいシャンパンとワイン。
漆器と洋食器が見事に組み合わさって 目からのご馳走。 口から頂くご馳走。

ご一緒された方の奥様は ミラノでオペラをなさってたそうで グランドピアノの演奏にあわせて 生の美しい歌声が 広い部屋中に響きわたります。

漆器は和のものと思いがちですが 洋の空間の中でも 決して違和感のないものであることを確信しました。
そして これまで 頭の中の想像だけで 洋食器との組み合わせでコーディネイトしてたものが 現実にそこに身を置いて体験出来た貴重な1日でもありました!

Tさま こんなすばらしい体験をさせていただけました事に 心から感謝申し上げます。
有難うございました!
[PR]
by fugeshietsuko | 2008-12-01 20:19 | 輪島塗と塗師屋のこと