ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

タイムスリップ

時間があいた時 住まいの2階を片付けはじめてます。
私達の時代になってからのものばかりで すぐに済んでしまうと タカをくくってたんですが
押入れの中に括り付けてあり 重くて一度も開けたことない箪笥の中から 出るわ‥!
 出るわ‥‥!
今となったら宝もの??? それとも 唯のゴミ??
大正 昭和初期の手紙や葉書 年賀状 絵葉書‥
尋常女子小学校の通信簿や問題集や習字の紙も。
活動写真機なるものも 出てきました。

その度に手を留めて見てたら 頭の中が タイムカプセルに乗って スリップしたみたい。
私の何でも もったいないで 整理整頓 片付けが 苦手なのは DNAのせい?c0094218_22425779.jpg 
c0094218_22433768.jpg
c0094218_22445932.jpg
c0094218_22505284.jpg

[PR]
by fugeshietsuko | 2007-05-31 22:01 | 能登半島地震情報

母の法要

c0094218_9344147.jpg日曜日に 母の17回忌の法要をしました。
本当は 8月なのですが その頃は 住まいの方が修理の真っ最中だと思い 少し早めて 輪島にいる身内だけでお参りしました。
その後 お墓に行き 『ご先祖の皆様が力を合わせて建ててくださった家 父ちゃんが亡くなってから かあちゃんが女手一つで必死に頑張り守り抜いていただいた我が家が 今回の地震で 傾き捻じれてしまいました。これからシロウさんと力を合わせて 私達の力のおよぶ限りで修復させていただきます。 どうか応援して下さい』と 報告し お願いしました。

今日 改めて建築士さんと大工さんによく見て頂き 轢き屋さんにお願いしなくても傾きや捻じれを直せる事が確認出来ました。
こんな時ですから建築士さんも大工さんも大忙しで 修理に取り掛かられるのは7月に入ってからになりそうです.
それまでに 一番 苦手で苦痛な整理と片付けを 終えておかなくっちゃ。 ハァーあー。
 
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-05-28 21:18 | 日々の出来事

お膳を 見直しました!

「エッちゃん お昼のお汁 お願いできんけ!7人分なんやけど」
昨日 11時過ぎに マサオさんから 電話。
「輪島来とるが~?」
「今 ボランティアの方達と Tさんの蔵の壁土出しとるがや」
近くの家の 崩れた土蔵の 壁土を出し始めたようです。
あら!マサオさん そんな 肉体労働もするんや。意外や イガイ???

漆器を入れる右近の布袋を縫ってたのですが 手を止めて お昼の準備をはじめました。

ひょつとしたら ご飯も 欲しいかも?
あわてて お米を研ぎ 炊飯器へ。
汗かいてるからと思い 筍とワカメのしょっぱめの味噌汁。 新キャベツときゅうりがあったので 塩もみして 漬物代わりに用意してると
12時ジャストに ご一行様が 入ってきました。
その中には 青森県米軍三沢基地のパイロットの外人さんが3人ばかり。 
外人さん 味噌汁大丈夫かなぁ?

我が家の 今 使える部屋は 整理した荷物で満杯状態。
仕方ないので 玄関先の腰掛で 地震の時に棚から落ちてから 時々使い始めた昔のお膳で食べてもらいました。

c0094218_682442.jpgこれまでは 土蔵の中に仕舞いっ放しで 今の生活には合わないと思ってたんですが
使いはじめると 意外や 意外! 

あれっ?お膳って 重宝するじゃん!

お椀や皿のせて何段も重ねて運べるし 今日みたいに 不意の来客でもすぐに対応出来、片付けて置いて置くのにも場所取らないし スゴク便利です。 

地震で 思わぬ発見をしました!
c0094218_17194051.jpg
c0094218_17215367.jpg

[PR]
by fugeshietsuko | 2007-05-22 06:11 | おうちご飯と漆器

しばしの 安息日

精神的にも肉体的にも疲れがピークになってた一昨日 昨日は 地震以来はじめて 家事や家の片付けも休み 昨日は ゆったりと時間をかけてサウナ風呂にも入りました。
疲れが 少し体から抜け出たようですっきりしました。
ここ4日程 小さな余震もなく このまま 徐々に落ち着くのでは!と思います。

土曜日には 今回の地震の時に ヒロシ君や 親戚の方 職人さん達が命がけで取り出してくださった 初代庄右衛門さんの時代(江戸末期~明治初め)の 欅木地の粗挽きで 今も
形に挽けるものを 垣地椀木地師さん親子にお願いして選び出していただきました。。c0094218_5293142.jpg   

枯れ切った堅い堅い欅の粗木地を挽くことは 
垣地さんにとって大変な難作業になりますが 私達の思いを伝えると 快く 引き受けて下さいました。

この貴重な江戸時代の欅木地を 様々な
形に挽いて頂き 役立てたいと思います。




6月に入ると 九州での催事や 東京ドームのお宝市場(6月28日~7月1日)への出展、 
7月には 新宿「OZONE夏の大茶会」(7月11日~17日)と お声をかけて頂いた催事には 積極的に出展し販売して 家の修復費用に役立てたいと思います。

お宝市場やOZONEでの催事には 明治 大正 昭和の時代を経て今日まで 蔵で 静かに
静かに眠ってた様々な漆器を 思い切った 割安価格で販売することにしました。

この機会にお求め頂き 心豊かに 日常品として使って頂き 漆器を より身近に感じて頂ければ!と 願ってます。
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-05-21 05:20 | 能登半島地震情報

どんどん変わってる 街なか

住まいの片付けに少々疲れ気味の昨日 上塗り蔵の和紙をボランティアで貼って下さった H博士?が 来訪され
「宅田のSさん邸が 今 轢きやさんと大工さんとで 修復工事してますが どんなふうにして 直してるのかを見に行きませんか」と 誘われて 見学してきました。
Sさん邸の修復してる平米数は我が家の場所と ほぼ 同じ位。
1階は 枠組みだけにして 基礎工事されてましたが 2階部分は 以前のままの状態で 
生活されてることを伺い この修復方法だと 2階まで 空にしなくてもいいのだ!と 思うと 
ちょっと気が楽になりました。 
我が家がどんな修復方法で直すのかは まだ決まってませんが いろいろな修復方法があり それによって コストも かなり 違ってくるようです。
できるだけ ベストな方法で 修復したい!と 思います。

街なかを車で走ると 家を取り壊ししてる為 あちこちで通行止めに出会い 廻り道になって
しまいます。
洗濯物は干し場で干すと 風あたりがひどく 油断してると 竿が外れることも しばしば。 
街なかに建物が無くなってくると こうも 風当たりが違うものかと 驚きです。

c0094218_16112322.jpg

Mさんから頂いた シンビジウム。
ご自分で 咲かせたそうです。
花をみると 疲れが 癒されます。
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-05-18 14:09 | 能登半島地震情報

赤ちゃん 誕生!

c0094218_81157.jpg今朝 玄関先に ツバメの卵が 落ちてました。
雛が 孵ったのですね!
まだ 姿は見えてませんが 家族がふえたような ほのぼのとした喜びを感じます。
これから 親鳥の運ぶ餌を待つ ピイ ピイという 可愛い声が聞けそうで楽しみです。
しばらくは 糞害?との闘いになるでしょうが こまめに 清掃しなければ!


娘達も 住まいの方の片付けを 時間一杯手伝ってくれ 一昨日 帰っていきました。 
生まれ育った我が家の変わりように かなりのショックを受けたようですが 元の佇まいに戻して欲しいと 強く希望してました。
かけがいのない塗師文化を 大切にしたい!と思う気持は 私達と 同じであることを 確認出来て ホッと してます。

修復に向かって 整理しなければならない住まいの片付けに まだ しばらく 追われそうです。分別しなければならない荷物が多くて 疲れ気味です。
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-05-16 08:25 | 能登半島地震情報

昨晩から 我が家で!

震災から あっと 言う間に 1ヶ月半が過ぎ とっても世話になってた長女宅の避難生活を
終えて 昨晩から 我が家の布団で眠れるようになりました。
修復が済むまで泊まってれば!と言ってくれるのですが 通うのは 私達のわがままから 何かと都合悪く 大きな余震は もう来ないだろうとの 判断からです。
我が家の幾つもある部屋の何処が一番安全なのかを しつこく大工さんに確認したら ずっと物置(開かずの間)になってた部屋が 比較的安全だろう?との事。
中に入ってるどうでもいいようなガラクタを整理するのに 私のもったいない癖と これまでの思い出が災いして 整理するのに2週間もかかってしまい 連休明けには!と 思ってたのが5日間も延びてしまいました。
大げさに言えば 50年?以上の生活ガラクタが入ってたのですから‥(笑) 
処分したゴミの量は 楽にトラック1台分になってしまい つくづく 日々の整理整頓が如何に大切なのか!を思い知らされました。
これで ひとまず 眠れる場所が出来て 元の生活ペースに戻れそうです。

c0094218_9572638.jpg今回の地震で 男の中の 男の逞しさを 
教えてくれたのが ヒロシ君
落胆したり もうあきらめなければ‥と 途方に暮れて 鬱状態の時に 持ち前の明るさと  強力なリーダーシップでもって 皆を 励まし 力強くひっぱって下さいました。
こんなに熱い思いで 地域を思いやって下さっていたとは!!  
新しい発見です。

肋骨骨折してるのを もろともせず 頑張って下さってます。
まさに 戦国武将ならぬ 震災武将でしょうか?
ヒロシ君のように 熱い熱い思いで 地域を愛する若者がいる限り  輪島は大丈夫! 
上町は大丈夫!! 
本当に逞しい 力強い青年?です。
有難う! ヒロシ君! 
でも 体は くれぐれも 大切に! 無理しないでね。

今日の午後 子供達が帰って来るので 我が家の修復方法について いろいろと相談したいと思います。
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-05-11 07:36 | 能登半島地震情報

有難うございます!今日から 待ちに待った仕事が 再開出来ました!

ゴールデンウィーク明けの今日から 皆様の 熱い 真心の好意と誠意に支えられて ようやく 仕事の再開に 漕ぎ付けることが できました。c0094218_9463446.jpg
c0094218_947677.jpg
c0094218_9473883.jpg
震災後の過酷だった後片付けの疲れも見せずに ホットした表情で 生き生きと慣れた手つきで 仕事を始めたT君とH君。
まずは 取り掛かる商品に使う 下地漆の調合から 始めてます。 
Kさんは研ぎ物を。

窓越しの日差しが 地震が無かったかのように いつもと同じく優しく差込んできてます。


ヒロシ君の知恵を絞った 当面使う上塗り部屋 小部屋の提案 
そして O大工さん 職人さん達 岐阜からかけつけて手伝ってくださったSさんHさん
H建築士を中心にしたボランティア仲間 皆様の力で完成した 上塗り蔵2階の小部屋。
落ち着いた雰囲気に仕上がり ここで 中塗り 上塗り作業が再開されます。
(S君の要望で 椅子に座って上塗りする事になりました。)
今日は 硝子板で上塗り漆の付けをして乾燥状態を調べるために 様子をみてました。
c0094218_9535522.jpg



c0094218_1063481.jpg
c0094218_10105029.jpg
連休中 H建築士の活躍で 三井の遠見和紙を貼り終わった 上塗り部屋

c0094218_9552079.jpg
最後の仕上げは 小部屋に入る障子戸の立付けを悪戦苦闘して調整してる シロウさん。
道具が悪いとの言い訳で 障子戸は たちませんでしたが 
やろう!とした 気持は 立派ですよ。シロウさん!
結婚○十年以来 始めてみた光景です。
 
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-05-07 19:28 | 能登半島地震情報

力強い 助っ人が!

ヒロシ君の 提案で 土壁を剥奪した上塗り蔵の2階に 壁の修復を待たずに上塗りができるように しばらく 小さな部屋を作る事になりました。(修復を待っていると 上塗り作業が 1年~2年 出来なくなるからです)
先週の1週間 職人さんは O大工さんと H建築士さんのアシスタントで 大奮闘でした。
最後の方は 大工さんに 職業替え出来るくらい? 腕前も上がったみたいです。

28日(土)大きな赤いBMWの二輪車に乗って Sさん Hさんが さながら 仮面ライダーのごとく颯爽と 岐阜から駆けつけて下さり 早速 大工さんと一緒になって 鋸 金槌をもって 慣れた手つきで お手伝いして下さいました。c0094218_14295011.jpgc0094218_14302534.jpg










Sさんのお父さんは 大工さんだと 伺いましたが
蛙の子は カエルでしょうか? 
とても 様になってます。
                                 Hさんは 長身を生かして天井に使う
                                 板を 持ち上げて下さいました。
翌朝は お疲れのご様子もなく 元気に 旅立れました。
せめてもの御礼に お昼に食べて頂くのに おにぎりを心を込めて握りましたが さて お味のほうは?

お手伝いをして頂いた上に Yさんご夫妻共々4人で掃除機をお見舞いに頂き 更に 夜は 慰労会。 大変 恐縮しました。
本当に 有難うございました。
次回 ご来遊頂く 夏祭りには タップリ 御礼させて 頂きます。
 
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-05-01 07:30 | 能登半島地震情報