ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

<   2006年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

10月を振り返ると‥‥

10月も今日で終わりです。あわただしく 忙しい月でした。
テレビの取材 外国の方達の夕食会 本の取材 付けて加えて手の捻挫と風邪のアクシデントetc 

無我夢中の内に あっと言う間に日が過ぎました。

我が家に お祭りが どっと集中して押し寄せた気分で‥ 振り返ってみると 楽しかったです。

でも 時間があるときは ちゃんと 家の仕事もしましたよ。そのご褒美でしょうか。

夕方 掘りたての立派な自然薯を Nさんから頂きました。

鍋にすると「美味しいよ」 作り方のレシピーも教えてもらい 明日は 挑戦してみます。
c0094218_7581386.jpg

[PR]
by fugeshietsuko | 2006-10-31 23:59 | 日々の出来事

本の 取材

日常使ってる輪島塗の器で輪島のごっつおを撮る本の取材がありました。
いつも食べてる季節の食べ物 芋ダコ そうめんかぼちゃの味噌漬け 昆布巻き べんこうこう 栗ご飯を 丸重4段に普段通りに盛り付け 板皿には しめ鯖を盛り 自然光のもとで 撮影しました。
13時頃 撮影が終わり 盛り付けた料理を 皆でやっつけました。

ちょっと 疲れたけど 楽しかった! 

輪島に住んでいるいろんな世代の方の 使い方が 紹介されるようです。

本(ぬりものレッスン 新潮社)を見てくださった方が 漆器に親しみを持ち 日常 気楽に使う気持ちになってもらえたら うれしいなぁー。
c0094218_18315076.jpg

                 べんこうこうを炭火で焙ってるところ
[PR]
by fugeshietsuko | 2006-10-30 18:52 | 輪島塗と塗師屋のこと

今日の 昼食会

東京と 名古屋から お客様が いらっしゃいました。
朝市で驚くほど大量のバイ貝としま海老を 買ってこられたので それぞれを 刺身として 盛り付けられない分のバイ貝は甘辛く煮付け しま海老の頭はから揚げにして じねんじょのとろろ、あかがれいの一夜干しetc 漆の器を主に盛り付けました。c0094218_7401546.jpg

お客様が しま海老の皮むき、あかがれいの炭火焼き等 後かたずけまでも お手伝いして下さいました。
「漆器の扱い方って思ってる程やっかいではないですね」との お言葉を頂きながら。


それにしても くたびれきった35年前の雑然としてる台所では‥‥ 
ちょっと 恥ずかしかったなあー。
[PR]
by fugeshietsuko | 2006-10-27 22:12 | おうちご飯と漆の器

白藤のおばあちゃんを偲んで

近所の白藤酒造店のおばあちゃんが 亡くなられました。
明治 大正 昭和 平成と一世紀近く生きられての大往生です。

控えめな方なんですが 存在感のあるおばあちゃんでした。  
何時も 凛とされてて 姿勢はよく 笑みの絶えない方でした。

今冬までお元気で お習字や 着物をほどいて袋物や刺し子にしたりと いっときも ぼうっーと 過ごされていなかったようです。

c0094218_6155532.jpg何年か前までは 茶道もたしなまれてて 私も おばあちゃんの活けたお床の花を拝見するのが楽しみで お茶に通った事がありました。

とてもセンスいいんです。

軒下に咲いてて 見おとしてしまいそうななんでもない花が おばあちゃんの手にかかると 生き生きした品良い花に様変わりするんです。          

雪の重みで折れてしまった木賊とふきのとうを竹ざるでさりげなく活けてあった事があるんですが 早春にぴったりで とっても素敵で感動し 今でも瞼の奥に焼きついてます。

老後の過ごし方を 無言で教えて頂きました。

もっと お元気でいて欲しかった! 
とても 寂しいです。                   

おばあちゃん 生前は お世話になりました。 
本当にありがとうございます。              合掌 
[PR]
by fugeshietsuko | 2006-10-26 22:53 | 日々の出来事

手抜き料理をお重に詰め替えて

c0094218_19591682.jpg

今晩の夕食は私1人です。近所の《キッチンもも》に 日替わりおかず350円をお願いしました。お値段は安いけど 素材にこだわり 冷凍ものや化学調味料は使わず 本物志向の手作りだから 美味しいんです。プラスチックにはいってたのを お重に詰め替えました。お昼の味噌汁と玄米雑穀ごはんで済ませることにしました。
[PR]
by fugeshietsuko | 2006-10-25 20:14 | おうちご飯と漆の器

キンピラゴボウ

c0094218_6042.jpg掘りたての 美味しそうなゴボウに出合い 久しぶりに ツキコン入りのキンピラゴボウ作ってみました。シャキシャキとした歯ざわりが なんとも 美味しいんです。
お重に入れてると 選りごちそうに見えて 味噌汁と漬物があったら あとのおかずは いらないくらい!。
[PR]
by fugeshietsuko | 2006-10-24 22:56 | おうちご飯と漆の器

ようやく 元気になりました

体調を崩してしまい 2週間近く お休みしました。

c0094218_22555189.jpg13日の夕食会は 風邪をひいてしまったしろうさんと捻挫で手が不自由なえつこ夫婦のアクシデントが重なり かなり気を揉みました.
料理担当のなるせさん お運びをお願いした ゆうちゃんとまゆみちゃん、お酒担当のたえちゃん 皆んなが頑張って下さったお陰でなんとか 無事に乗り切ることができました。
きのこ鍋を中心に「輪島のごっつお」を皆さん とても喜んで召し上がってくださいました。
英語、日本語が飛び交い 賑やかで楽しいパーティでしたが なにせ 初めての試みでしたので 反省することばかりです。
予期せぬアクシデントも手伝い とても とても 大変だったけど いい勉強になりました。



c0094218_23333361.jpg15日は街づくり協議会の一日研修旅行で富山県の岩瀬と五箇山に出かけました。
岩瀬の大町通りは 国指定重要文化財で北前船の回船問屋「森家」ををはじめとした豪商の街並みです。
日曜日のせいか 観光の方がたくさんいましたが その割りにガヤガヤした所がなく しっとりとした落ち着きのある とっても品好い街並みです。
すっきりしているのです。 
なんで??こんなに 沢山の人なのに‥ 
そうか!観光客相手のお土産さんが一軒も見当たりません。
それがいいのかも?!。
さりげなく ちゃんと トイレなどの施設も整っていてきれいなんです。c0094218_23534193.jpg                                          

満寿泉さんの何年もかけて修復している酒蔵も重みがあり出来上がったときにはどんなに素晴らしいものになるのか楽しみです。                  
鳳至上町通りも岩瀬の街並みに 近づけたらいいなあー!。                        
満寿泉さんの倉に出店してる蕎麦やさん(名前忘れました)のお蕎麦や蕎麦プリン 絶品でした。


16日からは 家の雑務に追われてましたが 鼻水ポタポタ(変な表現でごめんなさい!)
頭はボウっとしてて そのうち咳がひどくなり 風邪をひいてしまいました。
熱がないので動いてましたが いつまでたっても良くならないので土曜、日曜日は 思い切って こってり寝込んでたら 少し元気を取り戻せました。
捻挫のほうも だいぶ 良くなってきました。
[PR]
by fugeshietsuko | 2006-10-23 22:26 | 日々の出来事

夕食会に向けて

13日の夕食会に向けての 準備です。
昔、大勢の集まりには 必ず 使われてた家具膳ですが 最後に使われたのは確か45年前。
まだ 学生のころです。
随分長く蔵で眠ったままでした。
まず、洗うことから始めます。
佳子さんと葉子ちゃんが手伝ってくれました。
3人で2時間弱かかって 壱の膳 弐の膳の36枚をきれいにしました。
時間が経った漆器なのでほこりが取れにくいと思い メラミンフォームのスポンジを使いました。
これは 新しい漆器に使うと細かい傷が付き艶がなくなるので使えませんが 時間の経た漆器(表面が乾ききってる)を綺麗にするには重宝します。c0094218_6433416.jpg         
午後からは 一人で 漆器のお椀類や、陶器を洗いました。
陶器にあい敷きされてる新聞紙を見たら 
えっ!昭和17年?戦争ど真ん中で生まれてなかったわ‥。
捻挫してる左手首が痛くて力が入らず 休み休みの作業なので きれいに拭き終わったら21時半でした。 
あーっ、もうー、だんだん しろうさんとまさおさんが 閻魔大王に思えてきたぞ!!             
[PR]
by fugeshietsuko | 2006-10-11 23:10 | 輪島塗と塗師屋のこと

Kちゃん 夢を忘れず頑張って!

久しぶりの青空になりました。朝晩は ぐっと 冷え込みます。まだ 早いかな?って思いましたが やせ我慢せず 炬燵を出したり、こんな快晴は これからなかなか出会えないと思い 久しぶりに 布団を干したり シーツや布団カバーを洗ったりして朝から バタバタしました。
近くの小学校のグランドでは 社会体育競技会が行われ マイクの声が響いています。

今春 漆芸研修所を卒業して 自力で蒔絵の道を目指し、悪戦苦闘してたKちゃんが お別れにきました。京都で茶道具関係の修理の仕事をすることにしたとか。 輪島では弟子を受け入れて育てる補助金制度が加飾関係にはなく 今だに厳しい業界では仕事がうすくて 若い人を なかなか育てられません。もっと 漆器が動いて 塗師屋が元気良かったら こんなことにはならないのに…。現状維持が勢一杯の輪島には 才能があり やる気満々の若者は大勢いると思いますが、育てていくには状況が厳しく 本当に悲しいことです。
「おばちゃんと話して 元気もらったわ」そう いってもらえたのが せめてもの慰みです。
これからの長い人生で 今は厳しい修行時。どこに住もうと 目的さえ揺るがなかったら いつかは 必ず大輪の花が咲くはず。信じてます。 Kちゃん! 体に気をつけて頑張ってよ。


c0094218_582194.jpg思いがけず 立派なこのみ茸を頂きました。朝市でも なかなか 手に入りません。               しろうさんは大喜び! 自ら台所に立ち お吸物にしたり 鳥すきに入れたりと 昨夜は 夫婦仲良く舌づつみをうちました。昨日は出かけてて帰りが遅くなり 知り合いに声を掛けても皆夕食が終わってました。こんなに沢山 贅沢に食べれたのは 最初で最後なんだろうな?
[PR]
by fugeshietsuko | 2006-10-09 14:12 | 輪島塗と塗師屋のこと

あわただしい1日

捻挫のほうは シップして休んだお陰で朝になるとそんなに疼かず 手首も昨日より心持ち動くようです。
お医者さんいかなくても大丈夫かな?
もう少し様子をみて と思いつつ 午前中はたまっている帳面つけを整理してました。

お昼頃 佐々木健介 北斗晶ご夫妻の定置網漁の撮影が海が時化ていて船が出ず 中止になったので 我が家で漆体験をとの 連絡が入りました。。c0094218_853128.jpg
しろうさんは お昼ごはんもそこそこに 水尻さんご夫妻に連絡したり 撮影場所の準備に取り掛かります。

私は左手が役にたたず うろうろ。

そのうちに 撮影が始まり スタッフの方が「奥さん、ご夫妻の案内役お願いします」

えっ!突然言われても‥。

「大丈夫、普段通りでいいんですから」
すっぴんの顔にあわててお化粧し着替えて心の準備もないままに撮影が終了。

その後ご夫妻は 水尻さんのご指導のもとで 沈金体験の撮影をしました。
c0094218_831834.jpg                                                                   

撮影終了後 佐々木健介、北斗晶ご夫妻と 記念写真を撮りました。





さて、4時半からは13日に予定してるカナダ人の方がたが いらっしゃる夕食会の打ち合わせ。

こちらのほうは 器の関係もあり私も気が抜けません。
テーブルでの席は狭いので 蔵から家具膳を出してもらって 14畳の部屋に16人がどうしたら座れるか デモンストレーションしてみました。
頭で考えてるよりも 実際に器をおいてみると かなり窮屈です。
はじめての事なので スムーズに出来るか不安です。
打ち合わせが終了して ふと 時計をみると8時過ぎでした。
[PR]
by fugeshietsuko | 2006-10-06 06:24 | 雑誌.テレビ出演