ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

カテゴリ:輪島塗と塗師屋のこと( 114 )

名残りおこわと名残りピーマン

yosikoさんのお姑さまが作られた栗おこわ

今年最後の栗を使い 作られたんだって! 
栗がた~くさん  
小豆じゃなくって 黒豆入りなのよ ♪~♪
c0094218_21482474.jpg
とっても とぉーっても おいしくいただきました ♪~♪ ♪~♪ 
ごちそうさま~  ありがとうございました!

こちらは 昨日家庭菜園で収穫した 今年最後のピーマン
レンコンと炒めてキンピラ風に 
白味噌の味付けにしました
c0094218_21521318.jpg
木枯らし吹く中 寒さで震えてたピーマンだったけれど 柔らかく レンコンとの相性 抜群でしたよ! 
[PR]
by fugeshietsuko | 2012-12-05 21:19 | 輪島塗と塗師屋のこと

やきものワールドでは 有難うございました

c0094218_15365034.jpg
やきものワールドの催事を終え 帰宅してから もう一週間が過ぎました。



会場で 私共のブースにお立ち寄りくださった皆々様 

職人さん達が丹精込めて作りあげた庄右ェ門の漆器をご覧になり 暖かいアドバイスや貴重なご意見を頂いて 気持がふさぎ込み気味だった女将でしたが これからも頑張っていこうと思える元気をいただきました。

本当に有難うございました。

又、N社のS様はじめ皆様、名古屋の味を堪能させて頂き ごちそう様~043.gif
有難うございました。




うんべ(長命寿)
c0094218_1556982.jpg

帰宅した翌日にYさんから頂きました。

おめでたくて縁起のよい呼び名なのでアップしました ♪~♪
食べれるみたいよ !
[PR]
by fugeshietsuko | 2012-11-30 06:32 | 輪島塗と塗師屋のこと

 名古屋ドーム やきものワールドへ どうぞ !

16日(金)~21日(水)の期間 名古屋 ドーム やきものワールド 
が 開かれます。

名古屋近郊の皆様 お出かけくださ~い! ドームやきものワールド会場へ


私どもが出展してるブース№は D-15  で~す
会期中はブース内で 女将がお待ち申しあげます。
ぜひ お立ち寄りくださって お声をかけてくださいな!



今週は出展の準備で 慌ただしく過ごしてます

出店にあたって 今日の出来事をひとつ

昨夜からの雷や霙混じりの大荒れ天候は 今朝も続いてました
早起きし 外の大荒れの様子を気にしながら ドームで必要なデーターをPC に打ち込み 

やれやれ もう少しで印刷できるわ! ♪~♪ と思ったその瞬間

一瞬でしたが 電気が消え、、、

苦労して打ち込んだデーターがすべて 消えちゃった‥‥ 涙、涙、涙、涙、涙、涙、涙、涙、

出かける前に済ませておかなければならない用事はまだ山積みだというのに 

また 最初からやり直し??? 

どうしょう! どうしょう! どうしましょう!!!

こんな時ほど 冷静に対処しなければならないのに

パニックに落ち込んだ女将の頭は空回りするばかりで、、、


『何でも一人で背負い込まず サヤちゃんに 手伝ってもらったら!』
シロウさんの助言で 仕事の方はクリアしましたが、、、

しばらく留守になる時は 台所、居間 お風呂場 便所のお掃除を済ませないとすっきりしない女将ですが 今回はパスします。

なんだか どっと疲れました

明日早朝 名古屋に向かって出発です。
[PR]
by fugeshietsuko | 2012-11-14 22:40 | 輪島塗と塗師屋のこと

キィちゃんへのプレゼント

絵付けをお願いしてた 洗朱塗のベビースプーン → ★ が 仕上がりました!!!
ジジ、ババからのプレゼントです!!!
c0094218_1672436.jpg
c0094218_16452672.jpg
今春 新ママになったなつえさんにババの思いを伝え 蒔絵をお願いしたのですが とても 素敵な仕上がりになりました

キィちゃんのパパ、ママが名づけた名前にちなんで 葵の葉をデザイン化してもらい
緑の葉はパパを ピンクの葉はママをイメージ 
小さなスプーンの中には キィちゃんへの熱い思いがいっぱいつまってま~す  
c0094218_1616862.jpg
来月のお喰い初めに初使いしてね!
[PR]
by fugeshietsuko | 2012-10-26 16:12 | 輪島塗と塗師屋のこと

催事のご案内

甲府市の ライブ工房ホサカさん→ で 10月12日(金)~28日(日)の期間 
『健康でエコな暮らし提案』の催事を開催します。
c0094218_2111495.jpg

オーナーの方が8月に我が家の工房を取材され ホサカ通信にのせて下さいました。

こちらのお店は お目にかなった商品があれば 日本全国津々浦々 その工房まで足を運び 
自分の目で確認されたこだわりの商品を提案されてらっしゃいます。

私たちは 3年ぶり。
今回は土蔵の整理でひょっこり顔をだした とってもお値打ちな 『蔵出し商品』も用意してます。
お近くにお住いの方 是非 お出かけ下さい。 

私たちは 12,13日 28日に 在廊してます。
お待ちしてます!
[PR]
by fugeshietsuko | 2012-10-10 06:31 | 輪島塗と塗師屋のこと

古いのに 新しく感じるもの 3

土蔵の整理中にひょっこり顔を出したお椀なのですが‥

こちらって どんな料理が入るお椀なのかしら?
煮物?って感じはするものの??
最近のお椀からは 想像もできないかたちと 模様だわ???

おもいっきりレトロっぽい雰囲気が漂ってて、、、 
でもなんだか凛としてて おしゃれで かわいい、、、
制作されたのは 昭和初期? もっと古くて大正? 明治?


外観はこんな感じで 蒔絵と沈金の模様
紋様化されてるけれど 松と松葉 そして 竹???
松?の部分って 白漆で書かれててその上から沈金が彫られてるんだけれど よ~く見ないとわからないの
金蒔絵と錯覚してしまうわ~
存清→  手法かしら?
c0094218_895944.jpg
 平らな蓋を空けると
蓋の内に書かれてる梅の蒔絵が ひようきんでかわいくて 愛嬌たっぷり
梅の木が飛び出して 今にも歩き出して お散歩しそうな~~~
あらっ!竹も描かれてるのね!!!   ってことは??? 
なぁ~るほど 松竹梅模様ってことなのね
c0094218_810376.jpg

お正月 どんな料理を入れたものかしら???
想像がふくらむわ!!!!!


今月発売された芸術新潮9月号190ページに輪島塗の特別レポート
『工芸はどこに向かうのか』産業としての工芸で 料亭文化が栄えたころの我が家の見本椀が 載ってます
c0094218_8174957.jpg
c0094218_8181670.jpg

ご覧くださ~い!
[PR]
by fugeshietsuko | 2012-09-08 05:22 | 輪島塗と塗師屋のこと

お椀の蒔絵が完成するまで  続編

お椀の蒔絵が完成するまでの続きです
前回は 花びらや葉を赤漆で塗りこんだところまで紹介しました



蒔絵師さんのところでしべの部分に金蒔絵が施さたお椀が お盆過ぎに我が家に戻ってきました  蒔絵の作業はこれで終了です  ↓
c0094218_1111593.jpg
写真では わかりづらいかしら?
金の部分だけに艶がでてて 他の部分は艶がないでしょう!
ピッカピカの綺麗な金色は磨かないと光らないの
今度は呂色屋さんにお願いして お椀全体に平均に艶を出してもらいます



呂色屋さんの手で 全体の艶上げが終わったお椀 これで完成です。
c0094218_1154666.jpg
c0094218_11591465.jpg

一年後には 赤漆がもっと冴えて きれいな色になることでしょう!!!

完成したお椀は 先月末に桐箱に納められて 嫁いでいきました。
[PR]
by fugeshietsuko | 2012-09-03 05:36 | 輪島塗と塗師屋のこと

輪島塗の臍帯納めと ベビースプーン

キィちゃん話題ですが よろしかったらお付き合いください。

臍の緒がとれた8月16日 出産した市民病院から 輪島塗の臍帯箱が
このようなメッセージを添えて プレゼントされました
c0094218_5453867.jpg
c0094218_5461492.jpg
c0094218_5485485.jpg

お腹の中で親と子のかけがえのない命の絆を結んでた臍の緒が この小箱に納められました
キィちゃんの一生の大切な宝物です。
c0094218_557257.jpg
 この小箱を考えだした彩漆会メンバーのJさん 有難うございます。




こちらは ジジ、ババから キィちゃんへのプレゼント

キィちゃんパパに形と色を選んでもらった 洗朱塗のベビースプーン
c0094218_616623.jpg
今春ママになったIさんに ババの思いを相談し 絵付けをお願いしてきました。

出来上がりが 楽しみです ♪~♪
[PR]
by fugeshietsuko | 2012-09-02 05:24 | 輪島塗と塗師屋のこと

お椀の蒔絵が完成するまで

完成した蒔絵付のお椀が どのような作業で出来上がるのか なかなか見る機会ってないでしょ?

お休みを利用し 蒔絵師さんが上塗り蔵で お椀の絵付け作業をしていました。
普通は 蒔絵師さんの自宅で絵付けされるのですが 見本椀と同じ発色の赤が必要なため 我が家の土蔵での作業をお願いしました

絵付けする色蒔絵のお椀 ↓ 2種です

c0094218_8561258.jpg
c0094218_8564722.jpg


左側はこれから絵付けしょうとする見本椀で 右側は和紙で形作られた型押し用
c0094218_22264642.jpg

型押しは 絵付けする下絵を弁柄漆で描きます
c0094218_642891.jpg
 
型押しに書いた漆が乾かないうちに仕上がったお椀に刷毛で型押し 白粉を蒔いて下絵を浮かびあがらせてました
c0094218_6424510.jpg

赤の顔料と調合した赤漆をツメ板(蒔絵を描く時のパレット)に移し 
今回は私どもの国産漆で調合した赤漆 → 見本椀の赤と同じように より鮮やかな発色にする為
c0094218_6432730.jpg
 
ツメ板の上で 筆の漆の量を調節
c0094218_6453196.jpg

型押しされたお椀に描いていきます
まずは 線描きから
c0094218_650527.jpg

それを塗り込みます
c0094218_742931.jpg

小指を軸にして塗りこんでくのね
c0094218_7548.jpg

塗り込みが完了したお椀は回転風呂で漆が乾く明朝まで回転させます 
c0094218_7115145.jpg


お椀の蓋は赤漆が乾き 回転風呂の手板から外して湿風呂に入れられ 後は金蒔絵で花のしべの部分を描くまでに完成してました
c0094218_71334100.jpg
c0094218_714090.jpg


蒔絵に使われる筆って とても細くて繊細なの
写真撮り忘れたんですが
動物の体毛から作られるのですが 細い、細い繊細な線描きをするときは 限られた鼠のわき毛が最適らしいわよ!


何故 我が家で蒔絵をしてるんですかですって?

今回使ってる漆は我が家で寝かせてる岩手県浄法寺の漆なのですが 我が家の空気に馴染みきっててる漆なので 我が家でなければ乾かないんです

漆って ミステリアスな部分があって おもしろいわ!
[PR]
by fugeshietsuko | 2012-08-05 22:27 | 輪島塗と塗師屋のこと

有難うございました

『煌めきの沈金・蒔絵』展が 終了しました。 

会場にお越しくださった御皆様 有難うございました。
20人の個性豊かな作品展は お楽しみ頂けましたでしょうか

漆を身近に感じる遊び心溢れる作品 

漆の可能性を追求した作品 

一つの作品に物語がぎっしりつまってるもの 

カジュアルな作品 

従来からの伝統ある輪島塗etc  


私も 15日の午後から 17日午前中までアテンドさせてもらいました。

これだけの個性溢れるものを 一会場内で目にする機会って 同じ輪島に住んでいながらも初めてだったので 面白く 楽しかったです。

この作品展を通し学んだことは生かして 皆様に喜んで頂けるよう努力していきたいなぁーと思ってます。



夏風邪で10日余り体調を崩した後の マスク姿でのお出かけ。

ずっと立ってられるかなぁ? 
咳き込まないで話せるかなぁーと 
ちょっぴり不安でしたが 東京の空気に触れた途端 咳や鼻水も止まり 元気になって帰ってきました。

まだ 大丈夫! もうしばらくは頑張れるわ!と 体に自信がついたことも 大きな収穫でした    
[PR]
by fugeshietsuko | 2012-07-20 20:58 | 輪島塗と塗師屋のこと