ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

カテゴリ:輪島塗と塗師屋のこと( 114 )

今年の仕事始め

工場は 8日の先勝から仕事が始まりました。

午前中は 威勢よく音の出る鳴り物仕事(木地磨きや空研ぎだったり、着せもの削りなど)で今年の縁起をかつぐのが習わしです。

下地職人さんは 年末で二辺地下地まで進んだ折敷の空研ぎだったり、布着せの済んだお椀の縁布を整えたりしてました
c0094218_20292114.jpg
c0094218_2044367.jpg

研ぎの職人さんは中塗りが済んだ 小重の蓋を砥いでます
c0094218_20492826.jpg


お昼からは我が家で し初めの宴が

神様のお供えしたお神酒をいただきます
c0094218_2101399.jpg
c0094218_2143293.jpg
c0094218_2145471.jpg

親戚や以前働いてた職人さんも加わり 宴が始まりました

今年も我が家恒例のセリの根がたっぷり入ったキジ鍋が主役です
c0094218_21145100.jpg

セリの根で風邪をふっ飛ばし 寒い冬を乗り越えましょう!!!
c0094218_21175334.jpg

宴もたけなわになった頃、祝いの席に歌う 輪島まだらを皆で
c0094218_21283587.jpg

新年早々漆の大幅な値上がりがあったりで 漆器を作り続けていく環境がこれまで以上に厳しくなりそうですが 職人さん達との力を結集して頑張ります。  

夢と誇りを忘れずに 日々 精進して参りますので 今年も 庄右ェ門の漆器を どうぞ宜しく お引き立て下さい!
[PR]
by fugeshietsuko | 2014-01-09 20:40 | 輪島塗と塗師屋のこと

時間のバトン

やきものワールドで体験したことです。

私どものブースにいらっしゃったご婦人が 
『このお店は古い漆器の修理もしていただけるのですか』
と訊ねられました。

『輪島塗は修理すれば又長く使い続けられますが 他産地のだと下地の行程が違うので修理しても強度はわかりません。
昔の輪島塗なら和紙の袋に入ってて製造元のお店のハンコが必ず押してあるはずだから そのお店が今も健在なら作られたお店で修理をお願いされるのが一番いいかも?』
と答えると
『会期中にお持ちしますから一度見て下さい』
とのことになりました。

最終日、
ご婦人の旦那様が再び私どものブースに訪れ 修理したい木箱入りのお椀を見せてもらったら!!!

なんと! そのお椀って我が家の先代?先々代?が納めさせてもらったものだったのです。

確かに土蔵の整理をしてた時 顔を出した古い見本椀の中にこのお椀があります


こちらが 修理でお預かりしたお椀の木箱の蓋裏です
輪島 大﨑製の文字が~
 
c0094218_9294156.jpg

外は緑色に塗られてて波に千鳥の蒔絵が施されてます。
c0094218_9341593.jpg

中に塗られた黒の漆が長く使われてたので羊羹色に変色してました
c0094218_9362033.jpg

和紙の袋には我が家の印判が
c0094218_9424468.jpg

お椀とお椀の間に挟む合敷紙や新聞紙もボロボロになってるものの残ってました
新聞紙を開いてみると 大正12年2月22日の日付けがー
まあっ!90年ぶりのお里帰り?
c0094218_1021493.jpg

修理をお願いされた方は60代後半?でした。

お里のおばあ様が無くなられてから ご兄弟で10客づつ分けられたのだとか

他にも私どもの漆器があるそうですがそちらはまだ健在で使ってらっしゃるそうです。

丁寧に作られた輪島塗が90年間丁寧に使われてるのですね

お預かりしたお椀は、外の緑色の漆も多少変色はしてるものの傷みも見当たりません。
蒔絵が付いてるので外は触らずに年代を経た景色として見てもらい、お椀の中だけ塗り替えることになりました。

私達のご先祖様が作った漆器が、時代を経た次世代のお客さまとの出会になるとは!
器を通し、長い時間を経て 人と人がつながっていく~

輪島塗とは なんぞや?
輪島塗の原点を改めて目の前にし 感動しました。
[PR]
by fugeshietsuko | 2013-11-27 22:28 | 輪島塗と塗師屋のこと

やきものワールドを終えて

名古屋ドームやきものワールドの催事を終えて 一昨日帰宅しました。

毎年、11月に開催されるやきものワールドは今年で8回目。
初回から出店してる私達も 8年目です。

当初は 『あらっ、やきものだけじゃなくて漆器のお店もあるの?』との声もよく耳にしましたが 今ではすっかり漆器も定着し いろんな産地の漆器が出店してます。

6日間の開催期間中、入場者も15万人を超えたそうです。

こちらの催事は、種々様々な業種のお店が出店してるので 東京ドームのテーブルウェアー・フエスティバルとは又違った面白さがあります。
c0094218_20203221.jpg


輪島塗はEブースでした。
c0094218_21303480.jpg
c0094218_2132860.jpg
今年も初日と最終日以外は一人でした。

毎年お立ち寄り下さって すっかり顔なじみになったお客様、新しいお客様との出会いは 日常なかなか家を空けられない私にとっては 新しい発見や刺激があり 今回もたくさん学ばせて頂きました。
また、時空を超えた出会いもありました。
次回 紹介しますね。

輪島 大崎庄右ェ門のブースにお訪ねくださった御皆様 本当に有難うございました。
 
[PR]
by fugeshietsuko | 2013-11-23 20:21 | 輪島塗と塗師屋のこと

孫ちゃまにベビースプーンの贈り物

昨年10月4人目の孫キィちゃんへ ジジ、ババからプレゼントしたベビースプーン → 

ブログをご覧になられた方から 名前にちなんんだ絵付けでと ご注文を頂きました。
絵付けはキィちゃんの時と同じく 子育て真っ最中のなつえさんにお願いしました 


7月の納品させて頂いたベビースプーンです

お孫ちゃまの名前は 康樹君
c0094218_21474616.jpg
樹をイメージしました
c0094218_2159199.jpg
すくすくと健康に育ち大地にしっかり根を張って 大きな樹になりますように~との思いです
c0094218_21594115.jpg


お孫ちゃまの名前は 陽ちゃん
c0094218_2252085.jpg
太陽をイメージしました
c0094218_2292050.jpg
明るく周囲を照らす暖かい気持ちの可愛い子に育ちますように~との願いが込められてます
c0094218_2293871.jpg



先日 納品したベビースプーンです

お孫ちゃんの名前は 芽彩ちゃん
c0094218_22143538.jpg
芽をイメージしました
c0094218_2215778.jpg
彩り豊かな感性、キラリと輝く子に育ちますように~との思いを込めて
c0094218_22153956.jpg


プレゼントされたお孫ちゃま、大きくなられてもおばあちゃまの暖かい思いがこもってるベビースプーン 
おばあちゃんの気持ちを大切に 元気に成長してね!
[PR]
by fugeshietsuko | 2013-10-27 21:36 | 輪島塗と塗師屋のこと

我が家の「わんじまちゃん」

輪島漆芸美術館の公式キャラクターは 「わんじまくん」  → ★ ☆

わんじまくん 」のガールフレンドだと 「わんじまちゃん」でしょ?



はじめましてー  

こちら  ↓   我が家の 「わんじまちゃん」 で~す
c0094218_20525948.jpg



わんじまちゃんの独り言

こんにちわ!
私 わんじまくんのお友達 わんじまちゃんで~す!

わたし、土蔵の上棚の片隅の木箱の中で長~い時間眠ってたんだよ
どれだけの時間眠ってたのか わたしにも見当つかないなぁ~???
お家の人は何十年?ほぼ百年近く わたしのこと 忘れてたみたいだよー

地震の後片づけしてた女将さん 土蔵の中で蓋のないクモの巣だらけの汚~い木箱を見つけたのが始まりなの

     ↓ こちらはわたしのおうちだった木箱だよ
洗ってもらった後だから 古くてもきれいになってるでしょ?
c0094218_2333275.jpg


わたしもきれいに洗ってもらったんだけど 昔は随分活躍したものだから すご~くヨレヨレになってたの
c0094218_21495713.jpg
c0094218_21523321.jpg

わたしの姿を見た女将さん はじめは処分することも考えたらしいのだけど~ 

わたしが一生懸命捨てないで~!!って つぶらな瞳でお願いしたのが通じたみたい
 !
c0094218_2265835.jpg

やさしい女将さんだったから よかった~! 

職人さんにお願いして わたしを再生して下さったの ♬~♬


ヨレヨレだった上縁や糸底を徹底して修理し わたしの可愛いお顔が彫ってある処以外は 漆をかけ直して頂いたの ♬~♪

    ↓  リニューアルした後のお披露目もみてね! 
c0094218_2224426.jpg
c0094218_22242626.jpg

随分美人になれたでしょ?

女将さんの頭には はつらつとわたしが活躍するシーンが想像できるのか にんまりとうれしそう~♬~♪

[PR]
by fugeshietsuko | 2013-09-03 06:19 | 輪島塗と塗師屋のこと

有難うございました!

テーブルウェア・フェスティバル2013 『暮らしを彩る器展』 の終了後 東京での用事を終えて 
一昨日に帰宅しました。
c0094218_10433934.jpg
会期中 私どものブースを訪れて下さったお客さま 有難うございました。

初めてお会いする方
以前に 来宅いただいてる方
1年ぶりのドームで再会できた方
様々な皆さまのお元気なお姿にふれて 私たちも元気を頂き 無事に会期をまっとうすることができました。

又 お心遣い下さいました御皆様 有難うございました。

皆様からいろんなことを教えて頂き 喜んで使われる商品作りの意欲を頂けたことは 本当に有難く うれしいことです。

職人さん達と力を併せて コツコツと 制作して参ります。
今後とも 庄右ェ門の漆器を お引立て下さいますよう 宜しくお願い申し上げます。

本当に 有難うございました! 


日常は沢山の接客に慣れていない女将 お会いした瞬間 頭の中でお顔とお名前がすぐに繋がらず 失礼な場面が多々あったと思いますが どうかお許し下さい。





 
[PR]
by fugeshietsuko | 2013-02-18 10:38 | 輪島塗と塗師屋のこと

フェスティバル会場で お待ちしてま~す!

いよいよ 出発の日がきました。

テーブルウェア・フェスティバル 2013 『暮らしを彩る器展』に向けて 今から出発します。

私達は15日まで留守になりますが 職人さん達はいつも通り 奥の工場で仕事してます。

御用のお方は 中戸は閉まっててもインターホンを押して下さい。 

職人さんが対応します。 
奥から 職人さんが出てくるまで 少し 時間がかかりますが‥宜しく お願いします。

E-mailの方も 帰るまでお休みします。

お急ぎの方は恐れ入りますが シロウさんか 私の携帯まで連絡下さい。
どうぞ宜しく お願いします。


ブログも お休みします。


テーブルウェア・フェスティバル2013
      
     『暮らしを彩る器展』 


ブース№ 144 塗師屋 大﨑庄右ェ門
で お待ちしてま~す!!! 
 
[PR]
by fugeshietsuko | 2013-02-01 09:50 | 輪島塗と塗師屋のこと

大正・昭和時代の職人さん言葉

東京ドームTWFに向けての準備に没頭しなければならない日々なのに なかなかエンジン全開になれない女将、 困ったものです

休憩中に シロウさんとの雑談から 先代時代の職人さん達が話してた言葉の会話になり 
どれだけ思いだせるか 頭の体操

  
皆さん いくつ 解釈できますか?

今も普通に使われてる言葉もありますが 今じゃ 聞けなくなった言葉もあると思います

輪島でも ちゃんと解釈できる人 もうそんなにいないかも?

解釈間違ってたら ごめんなさい! 
出来ないだけ若いってことだから 許してね!


・おやっさま    → 家のあるじ

・あねさま     → あるじの奥さん

・あんさま     → 若だんな 家の長男

・ねえさま     → 若おくさん 年頃の娘

・おっさま     → 家の次男坊 三男坊 四男坊 、、、

・おめえーさま   → あんた? あなた?

・べちゃの子    → 女の子 
語源はべっぴんさんからきてるのかな?

・わろ       → 男の子

・ちゃっくりかき  → あの人 ちゃっくりかきみたいな顔しててね‥なんて話してました 
主に 女の人に対してだった気がします 
どんな顔なのか想像出来ない??? ブスのこと?


・ずんべこき    → おべんちゃら言って 擦り寄ってくる人   
これは 今でも使われてると思う

・いちゃつき    → 男女がいちゃ、いちゃしてること??  じゃれてること?

・ほこつき     → とんでもないことをしでかす人?
あの人ほこつきやさかいにねーなんていわれてました

・ちゃわつき    → 落ち着きのない人、注意力のない人

・しったくさい   → 生意気

・りくせな~    → 生意気?高慢ちき?

・はんとこき    → 中途半端で止めてしまう人

・なしたちゅうげ  → どうしたって?

・わやくそ     → むちゃくちゃ、でたらめ

・のりくし     → お調子もの?

・だちゃかん    → 駄目

・だほぞ      → 馬鹿

・ひやけ      → 馬鹿?、アホ?、マヌケ?
          わからな~い???

・ひやだるい    → たるい?ものたりない?

・ちきない     → 苦しい

・だちゃかん    → 駄目

・こいやしい    → 〇〇〇しい、わらびしい?? おねだりする人? 
      適当な言葉 浮かびません

・なんやちゅげやら → 何~んだ

・かんしょば    → 厠

・しりふかず    → 開けた戸をきちんと閉めないこと


ひやぁ~ぁぁぁ~ だんだん 言葉が悪くなってきたよ~~~


こらっ、いつまで PC向かって油うっとるんや~! 
はよう 仕事に戻らな だちゃかんがいや~ だほぞ!!!emoticon-0121-angry.gif
って 昭和生まれの誰かさんから雷が落ちてきそう~~ 

おぉ、、、こわっ、こわっ、、、、、
[PR]
by fugeshietsuko | 2013-01-24 15:35 | 輪島塗と塗師屋のこと

仕初めのこだわり

今年は工場の神様にそれぞれの思いを込めてお参りすることから 仕事場はスタートしました。
c0094218_21544596.jpg
職人さんの午前中の仕事は毎年のように縁起を担いで 威勢よく音がでる鳴り物仕事(磨きもの、砥物など)

お昼からは仕ぞめの宴です。

今朝神様にお供えしたお神酒を皆で頂きます
c0094218_21594155.jpg

もっちろん 今年も こだわりの根っこ付野セリをた~くさん 用意しましたよ!
c0094218_22164377.jpg

これを  一つづつ綺麗に洗うのはかなり大変なのですが こだわりなので 時間をかけて丁寧に洗っていきます
c0094218_22275018.jpg

葉っぱ部分と根っこは切り離し キジ鍋の具材に
c0094218_22443184.jpg

さあー!今年も野セリの根っこを食べて風邪も吹き飛ばし 元気に 使い手の皆さんに喜んでいただける堅牢な漆器作りを目指して頑張りましょうね!
            ↑
今年一年間元気に働けるようにとの願いを込めた 先代の職人さんから習った我が家の仕ぞめの宴のこだわりなんです



セリの根っこは さっと煮て食べると 香りも 歯ごたえも とっても 美味しいわよ ♪~♪ 
c0094218_23102977.jpg


工場の職人さん達といちがんとなって頑張ります。

今年も庄右ェ門の漆器 宜しくお願いします!

[PR]
by fugeshietsuko | 2013-01-08 23:12 | 輪島塗と塗師屋のこと

明けましておめでとうございます

きりっとした清冽な寒さの中で 新しい年の幕開けとなりました

本年もどうぞ宜しくお願いします

c0094218_10264979.jpg
新年には 盲目の書家暁烏敏さんと交流のあった先々代庄右ェ門様の書かれたお軸を床の間に掛ける 我が家の毎年の正月しつらえです

その他には
c0094218_10372177.jpg
c0094218_10411590.jpg
c0094218_104397.jpg


下地場
c0094218_1045222.jpg

上塗場機械風呂前
c0094218_10463374.jpg
上塗場
c0094218_10474952.jpg

[PR]
by fugeshietsuko | 2013-01-01 10:20 | 輪島塗と塗師屋のこと