ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

カテゴリ:お出かけ( 56 )

農家民宿でランチ

昨日は 能登空港に降りた娘を乗せ 珠洲方面に向かって車を走らせました。

途中の道の駅ではテントが立ち並び 収穫祭?で賑わってました。
そこで 美味しいものにいち早く嗅覚が働く シロウさんが見つけましたよ。
珠洲の松茸を!
シロウさんのポケットマネーで 少々ゲットしてましたが 価格を聞いて驚き!
今年は松茸が豊作のようで 予想よりも はるかに はるかに 安かったです。

あちこち寄り道をしながら 目指すは 珠洲市三崎にある 『農家民宿しいたけ小屋』へ。
以前に訪ねてみたく 近くまでたどり着いたらしいのですが どうしても見つけることが出来ずに 断念したことがあっただけに 私にとっては 隠れ家の民宿です。
c0094218_9191842.jpg
ヒロキチさん手作りのピザ窯を拝見。
c0094218_954483.jpg

今回は 3人と人数が少ない為 ピザは断念して 手打ち蕎麦を中心とした和風ランチです
しば茸のみぞれ和え  隠し味の柚子の香りで 美味しい!
c0094218_9341187.jpg
ねっとりとしたゴマの風味がたまらない!と グルメ志向の娘が感動したヒロキチさんお手製のゴマ豆腐
c0094218_9413245.jpg
フミエさん特製の このみ茸の炊き込みご飯
松茸に劣らないいい香りと風味が たまりません。
おっ‥いっしかったで~す ♪~♪
c0094218_9504534.jpg
天然なめこと絹もずく 梅肉入りのお吸物
梅肉との相性がいいのに驚きました。
c0094218_1017226.jpg
ヒロキチさんが釣ってきた鱸のバター焼き
c0094218_10444211.jpg
ナンバ味噌と茄子の一夜漬け
c0094218_1043144.jpg
しいたけと野菜の天麩羅(写真撮り忘れました)
ヒロキチさん手打ちのお蕎麦と焼きアゴを使った浸け汁は これまた 絶品!!
c0094218_10472860.jpg
普段 少食のシロウさんが 二皿もたいらげてしまったのには驚き!

『能登はやさしや 土までも』って言葉が ありますが 『能登はやさしや 食までも』と置き換えたくなるほど ヒロキチさん フミエさんのお人柄が滲み出た 美味しく優しい手作りの昼食でした。

ヒロキチさん フミエさん 心の中まで暖かくなる 美味しい食事とおもてなし 有難うございました。

シロウさんは  『おそるべし ヒロキチさん フミエさん。 お蕎麦 又 お願いします!』とのことです。 
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-10-25 10:53 | お出かけ

深まり行く三井町の秋

三井町仁行の田んぼの中にポッンと佇む家。
c0094218_7105888.jpg
中に入ると大きなステンレス材の二等辺三角の形をしたパネル‥
c0094218_7173751.jpg
底辺の部分では
c0094218_7205427.jpg
薪がパチパチと燃え ここは‥
c0094218_7221942.jpg
帰省する二女を迎えに行く前に 所用で立ち寄った遠見さんの和紙工房は 深まった奥能登の秋を感じるシーンでした。

飛行機が到着するするまで デッキでのんびりと航空学園のセスナ機離着陸の練習風景を見てると やがて飛行機が到着。
c0094218_7454648.jpg
 
先日は 東京からの帰り道 能登空港に向かう交差点での 三井町農家のテントのお店では
c0094218_7554634.jpg
今年は キノコが豊作だそうで 松茸よりも香りや味が良いと能登では珍重されてる このみ茸が例年よりも安価で売られてるのがうれしい♪~♪
c0094218_815695.jpg
昨日も 野菜や茸がありましたよ!
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-10-24 23:16 | お出かけ

養覚寺で報恩講体験

今月に入って慌ただしい日々が続き、あれよあれよという間に 日が過ぎ去ってます。 

そんな中 昨日は 養覚寺の報恩講のお誘いを受けて サロメさんと出かけました。

養覚寺のある東山地区は山奥にある辺境。
こんな山奥に人が住んでるのかしら?と思いはじめた頃 ようやく 辿り着きました。

今年3月に 葺き替えされたという山門の茅葺屋根はとっても綺麗で 自然に囲まれて佇む鐘楼門は まるで おとぎ話の中に迷い込んだような別世界。
c0094218_2131958.jpg
c0094218_22283714.jpg


報恩講に集まったお仲間と一緒に 輪島塗の家具椀で 部落の皆様が腕を奮って下さった精進料理をいただきました。 
c0094218_21265912.jpg
手前は お椀に盛られた もっそう飯。(すごい量!一合は楽に盛られてます)
お煮しめ二皿と かじめの味噌煮の上に乗っかってる人参、切り干し大根の酢物の上には ゴボウの煮っ転がしがドカーンと!
初めて口にした小豆と豆腐の味噌汁
手作りの漬物

ダイナミックに盛り付けられた精進料理は 素朴だけど心がこもってて とっても美味しく どんどん お腹に納まっていきます‥が さすがに食べきれず お土産用に持ち帰りました。

食事の後 鐘楼門で 鐘突きを体験した後 お御堂でお参りしました。
c0094218_2225198.jpg

人里離れた厳しい自然環境の中でも たくましく生活されてる東山地区の元気なお年寄りに出会え 日頃 忘れ去られてた生活の様々な原点を思い出した有意義な一日。 

お誘い下さったT先生 有難うございました。 
 
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-10-19 19:44 | お出かけ

秋晴れの週末

湿度も低く 気持良い秋晴れの週末。
一度訪ねて見たかった 門前町のカフェに

総持寺通りに足を踏み入れるのは 地震以来初めて。
門前町は能登半島地震の震源地で 被害が一番ひどかったところ。

町並みは新しく建て替えられたお店や家が立ち並び まるで 何処かの観光地を訪れたよう‥。
ここで青空を見上げながら イタリアンのランチセットを堪能しました。
c0094218_1452752.jpg
あまりのお天気のよさに じんのび湯に行く予定を変更して 門前街道をドライブ。

遠くに見えるのが 鹿磯(かいそう)の部落。
地震当時 がけ崩れで道が塞がり 長い間 部落の方々は自宅に住むことが出来ず 門前町で避難生活を過ごされてました。
c0094218_14105763.jpg

海沿いに走ってると ポカリ ポカリと 面白い雲が 目に飛び込んできます。 
c0094218_1416523.jpg
山並みを通り越し 富来へ。
ここは 世界一長いベンチと 桜貝が流れ着く海岸で有名です。
c0094218_142554100.jpg
c0094218_1427522.jpg
砂浜を歩けば   ね! 小さな貝殻がザクザク。
c0094218_1430239.jpg
俵 万智さんの歌もありました。
c0094218_14321891.jpg
♪~♪ 母はきました~この岸壁にー ♪~♪
二葉百合子さんが歌ってた『岸壁の母』のモデルの方は 富来町生まれだったんですね。  
c0094218_1434471.jpg
すぐ 側にある《渤海》の湯で ゆったり まったりの1時間。

帰り道 泣き砂の浜(琴が浜)の付近に 山羊小屋を発見!
c0094218_16251763.jpg
山羊のお乳を使ってるアイスクリームを買いました。
独特のコクがあって 今までに味わったことのない味。
とっても 美味しかった ♪~♪
c0094218_16325499.jpg

夕暮れが近い 門前の海にはこんな雲も‥
c0094218_16343897.jpg
ああっーーー能登は いいなぁー。
半日コースで こんなに楽しめる所が 沢山あるんですもの。
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-09-25 22:39 | お出かけ

輪島にできた塩の駅

曽々木の手前 三つ子浜海岸にいつのまにやら出来てた 塩の駅

海風が強いのか まがきで囲ってあるちよっと気になるスポット
c0094218_10434244.jpg

ユキさんが プロデュースされたと知り 立ち寄ってみました。
おしゃれな店内には
c0094218_10475889.jpg
塩だけじゃなくって 部落の80歳過ぎのおじいちゃんが作られた小物グッツも
c0094218_1051286.jpg

試食用の塩も用意されてました。

上げ浜塩田の街道沿いには 他にも様々な塩が作られてますが それぞれ微妙に味に違いがあり 同じ海水なのに どうして?って不思議でした。
説明をうけて やっと なぞが解明。
塩の味は 海水を蒔く砂の違いで ほぼ 決まるそうです。
c0094218_10541572.jpg
手づくり豆腐のセットも販売してました。
c0094218_10554571.jpg

いろんなスパイスをブレンドして作る マイ塩ブレンド体験も出来ます。
ゴマソフトクリームに 塩を振りかけて食べたら 美味しかったです

今夏は晴天に恵まれた猛暑 
上げ浜塩田のお塩は 上々の豊作です。
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-09-05 23:01 | お出かけ

再度 『柴田是真展』へ

今月初めに彩漆会仲間で訪れた 富山水墨美術館の 『柴田是真展』
ご縁があって 再び 訪れることが出来ました
c0094218_931237.jpg
 

『柴田是真』の作品が 一度に これだけ揃うのは 後にも先にもないことだそうで もう一度 
鑑賞することが出来たらーと願ってただけに とっても ラッキー ♪~♪ でした。 

再度の鑑賞も 楽しくて 面白くて 魅せられてしまいます!
もし娘時代に戻ることが出来たなら 漆芸研修所に入りいろんな変わり塗の勉強が出来るのになぁーと思いました。
江戸末期に これだけのいろんな手法で 漆の可能性を追求し表現できたなんて すごい!
タイムカプセルに乗って 柴田是真さんに会いにいきたいなー。

『柴田是真展』を堪能して美術館のお庭に出ると 日本庭園の池には 鴨がのどかに泳いでました。
c0094218_952854.jpg


「せっかく ここまで出かけたんですもの‥ お昼は 鮎よね!」ってことになり 庄川で 遅めの昼食。
知り合いの方から教えていただいたお薦めのお店 『魚安』で 鮎御膳を。
平凡なお店の玄関先なのですが
c0094218_100354.jpg
中の造りが すごいです。
天井の梁、支えてる柱。
これだけ豪快な木組みでだと 地震でも 心配ないだろうなぁー 
c0094218_1021116.jpg

生きてる鮎が 串に刺され 遠火で じっくり 焼かれ
c0094218_1092183.jpg
鮎のから揚げも頂き
c0094218_10101045.jpg
鮎料理を堪能しました。
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-07-29 21:37 | お出かけ

プチ旅行

一度は体験してみたかった立山室堂 雪の大谷ウォーク。
昨日 Hさんと出かけました。

お天気日和なのに黄砂がひどく下界では青空が見えなくても 立山室堂付近は標高2450㍍  
黄砂がないことを期待しながら 金沢駅からバスに揺られて2.5時間。
 
新緑の山から しだいに残雪が残る山々へと。
うわぁー 雪の重みで 木の枝の方向が地面に向かってる!
大自然の厳しさと それでも負けずしっかり根をはって生きてる木々に 感動し 訓えられ 
c0094218_20152914.jpg


立山室堂に近づいてくにつれ 雪壁の高さが増し 右も 左も 目に映るのは 雪 雪 雪。

一番高いところでの雪壁13㍍ 7℃の気温の中 
雪の回廊70㍍の雪壁ウォーキングを楽しんできました♪~♪
c0094218_2034233.jpg

帰宅してから ルンルン気分で デジカメの写真をパソコンに撮り入れたら!!!
 
あんなに沢山撮った写真が あれっ‥10枚?
しかも 記念すべき雪壁の場面が ゼロ‥ 

アッァァァー 

どうして! どうして!  どこに消えてしまったたの???  
パニックになりながら パソコン関係に詳しい義息子に SOS

やっと 原因がわかりました。

帰り道 車窓からの写真を撮る時 撮りたい場面のタイミングが遅いのでもっと早くしょうと 
まずは初期設定に直してからと思って触ったのがアダとなり 間違ってカードの初期化にしたようなのです‥

もう 再現は 不可能と聞いてー  涙 涙 涙   007.gif  007.gif 007.gif  007.gif 007.gif 007.gif


Hさん ごめんねー。
思い出写真の無い プチ旅行になっちゃった‥
帰り道 立山アルペン村で撮った紅葉の写真で 我慢して!
c0094218_2271733.jpg

せめて せめて 頭の中に記憶した映像だけは いついつまでも消えないようにー
大切にしたい。
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-05-23 18:16 | お出かけ

山岳ドライブ

砺波市美術館で開催されてる『浜田庄司の陶芸展』を目指して 富山県へ。

久しぶりの青空!絶好のドライブ日和。 
能登海浜道からは 白山連邦がくっきり!
c0094218_2073168.jpg

浜田庄司さんは 民藝運動の提唱者であり 日本で初めて人間国宝となられた方です
c0094218_19542288.jpg
自由奔放な中にも大胆で温かみが伝わってくる力強い作品の数々‥ 
陶芸好きのシロウさんは食い入るように見入ってました。


美術館を後にし 第2の目的地 利賀村を目指しました。
c0094218_20132668.jpg
新緑の森がまばゆい庄川沿いのダムを見下ろしながら 標高600~700㍍?の約1時間の山岳ドライブ。
c0094218_20272624.jpg
c0094218_20282650.jpg
c0094218_20315933.jpg
ハンドル操作を一歩間違えれば 崖下にジャンプしそうな怖い箇所も多々

利賀村は野外演劇堂や  瞑想の館 手打ち蕎麦などで知られた処です

古民家を改造したお店でジャズを耳にしながら 2回目(笑)の 御蕎麦昼食を
c0094218_20363260.jpg
格子戸越しからの日差しが綺麗
c0094218_20384556.jpg
個性的な器に手打ち蕎麦が!  ボリュ-ムありましたが 完食 
c0094218_20465819.jpg

まだ 桜が咲いてました
c0094218_2185881.jpg
のどかな景色
c0094218_2195266.jpg
山奥の露天風呂で森林浴。
マイナスイオンをたっぷり浴びて リフレッシュできました!

秋だと紅葉がきれいでしょうねー。
時間がなくて入れなかった瞑想の館も 次回は行ってみたいです。
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-05-15 22:54 | お出かけ

昨日は ドライブ日和

昨日は 雲ひとつない晴天。
能登島美術館から見た七尾湾です。
c0094218_21454327.jpg
c0094218_21475158.jpg


あまりにも 空が 海がきれいなので お出かけついでに 奥能登路を ドライブしました。

珠洲で 、デドックスし リフレッシュした後 大谷にかかるとると 鯉のぼり
c0094218_21485595.jpg


海岸沿いに走ってると 空気が澄んでるのか 夕日が目に飛び込んできます
手を伸ばすとつかめそうな錯覚
c0094218_2149278.jpg


千枚田にかかると 日の入りを撮影しようと沢山の人 人 人
c0094218_2151950.jpg


私も 撮ってみました
c0094218_215142100.jpg
c0094218_21522092.jpg
c0094218_21524953.jpg

拝みたくなるほど 綺麗な日の入り!!!
ラッキー!

四季折々の景色はすばらしいー 
新鮮な食材に恵まれている! 
人は優しいしー
都会に行こうと思えば 東京なら 能登空港から1時間

ハァァァァァー 能登に 暮らしてて‥‥  幸せです


若い人達が都会に行かなくとも働ける環境が揃ってたら‥と つくづく 思います。
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-05-09 22:14 | お出かけ

再会

能登島ガラス美術館で 片岡鶴太郎氏の ガラス作品展(4月24日~6月27日)が始まってます。
c0094218_203381.jpg

今日は 鶴太郎氏のサイン会や トークショーの日。
招待券が届いたので シロウさんと 出かけました。


4年前に撮影があった『釣りバカ日誌17』は 奥能登が舞台。
マドンナ役は 石田ゆりさん。
片岡鶴太郎氏は ゆりさんの兄貴役で 塗師屋の親方でした。
上町通りや 白藤酒造さん宅 古窪さん宅 我が家がロケで使われました。

撮影の合間をぬって 器用な 鶴太郎氏は 蒔絵や沈金にも 挑戦。
その時の作品が 今回 美術館で 一部 展示されてます。


連休明けにもかかわらず 美術館は 沢山の人で賑わってました。
赤がレイや観音さまの作品が ガラスケースの中に納まってました。
c0094218_20423746.jpg
c0094218_2046513.jpg


4年前のこの時期 始めて手にする沈金ノミで 下絵なしに いきなり彫り出された時の驚きを 思い出します。
c0094218_2121179.jpg
c0094218_2132620.jpg


彫り上がった赤がれい
c0094218_2135128.jpg
観音様に挑戦されてました
c0094218_21161680.jpg
c0094218_2141951.jpg


館内には ガラスに描いた鶴太郎氏の作品がずらり
c0094218_21222044.jpg
サイン会が始まってました
c0094218_21275848.jpg
ここで「館内での撮影は禁止です」との お叱りを受けました。
ごめんなさい‥   もう 随分撮った後なんですけど‥‥

鶴太郎氏に ご挨拶や握手をして美術館を 後にしました。
4年前に握手した時は とても冷たい手が印象的だったけど 
今回は‥  ほんのり 暖かでした。
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-05-08 20:23 | お出かけ