ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

カテゴリ:能登半島地震情報( 60 )

床板の拭き漆作業

c0094218_13415466.jpgc0094218_1342247.jpg











仕事が終わった後 夜なべ仕事で ギャラリースペースに予定している床板の拭き漆を 職人さんにやってもらってます。
2人がヘラで漆を配り 2人が配った漆を丁寧に拭き取りつつ磨く役。
シロウさんも手を漆だらけにしながら 頑張ってます。(ちなみに 手が汚れるのは 慣れてない証拠!)
使っている漆は昭和43年に岩手県で採取された貴重な上質の朱合漆です。
この作業を5回6回と繰り返しますから キット きれいに仕上がることでしょう。
この後何十年か拭き込まれながら どんな表情に変化していくのか 楽しみです。 
次の代 この家を受け継ぐもの達からも 喜ばれる空間になればいいなぁ‥‥
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-09-14 22:43 | 能登半島地震情報

ここまで 修復作業が 進みました!

久しぶりの 更新です。
ようやく落ち着いて パソコンに向かう時間ができました。
長かった猛暑からやっと解放されて 朝夕は涼しくなってきました。
この1ヵ月は 猛暑と戦いながら 土蔵の修復作業を進めるのに のべ200人でしょうか? 250人でしょうか?
冷静には数え切れないほどの左官職人の方々や ボランティアの方々が 我が家や D邸 F邸の修復作業の向けて 又 同時に T邸 N邸の壁土出しの作業に参加して下さいました。
例年ならば お盆休みあり 夏祭りありですが 今夏は ホット 息をつく暇もなく 無我夢中のうちに 夏が過ぎ去ろうとしています。
詳しくは 輪島の土蔵修復活動を ご覧下さい。

過酷な暑さにもめげず 我が家を担当してくださった左官職人の人見さん 竹本さんを中心に ボランティアに加わってくださった皆様のお力添えのお陰で ここまで 上塗り蔵の土蔵修復が 進みました。(手打ち1次作業)c0094218_2017737.jpg

が 完成までには 約3年を要するそうです。
そして 土蔵の場合 畳1畳の面積に付き 完成までには のべ25人の人数が 必要と聞かされました。
と言う事は我が家の土蔵完成までには のべ約1000人以上の人数が必要‥‥
あぁー気が遠くなる人数です。
壁土を乾かすのに 所々に 8台の扇風機で24時間風を送ってますが ドッコイ なかなか 厚い壁土は 乾いてくれません!
でも 昔懐かしい田んぼのあぜ道を歩いた時の匂い?は 少しづつ 薄れてきましたよ。



c0094218_20503517.jpg住まいの方の修復も 着々と 進んでいます。
良沢さん側のサクミ板が 完成しました。
今日からは 反対側を 取り掛かりはじめました。

今年の夏は 左官職人の方々 ボランティアの方々 我が家のお客様 私の学生時代の親友夫妻と 大勢の方々が 我が家を訪れました。
そして はからずも お客様にお手伝いしていただいた時も。
Together to Tomorrow

9日の日から 少し落ち着き 気が抜けた途端  少し 体を休めなさい!ってことでしょうか?
1昨夜 うっかり すのこを踏み外して 弱い足をくじいてしまい しばらくは 安静を余儀なくされてしまいました。

幸いなことに入院には至らなかったので この機会に溜まりに溜まっている帳簿の整理を済ませたいと思います。
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-09-13 18:31 | 能登半島地震情報

捻り鉢巻

あっつーい!
じっとしてても汗が滲んでくるのに 動きまわってると 雨だれみたいに汗がポッタン ポッタン。
岩盤浴やサウナ行かなくても いいじゃない。
ゲドックス‥ ゲドックス‥ 
自分に言い聞かせ 汗対策に 肘がかかる薄手のブラウス 首と頭には 手ぬぐい巻いて。
目の下から滲みでる汗で 視界が狭くなった気が‥?
我が家は 風が通り涼しいはずなんですが 入ってくる風は熱風。
冷夏だと農家の人は心配してたけど これだけ暑かったら 今年は豊作?
  
 
c0094218_5282372.jpg

           通りに面した1部屋は 補強の為に 塞いでしまいます。
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-08-10 09:59 | 能登半島地震情報

まかないスケジュール

我が家の 補強作業も 本番に入ってきました。
床の間の壁を強化するにあって 神棚 仏壇を べつの部屋に移動しなければ なりません。
神様には移動を報告する祝詞をあげてもらい 仏様にはお経を唱えてもらったりと 午後は かなり 忙しくなりました。 


土蔵修復作業スケジュールに加えて作った まかない表
c0094218_5524616.jpg
8月は お盆や お祭があり 昼食をお願いしてる処もお休みが多いので 今夏 長期ボランティアをお願いする3軒のおばちゃんやお姉ちゃん??で 穴を埋める事に 決めました。
デザインワークショップの方達を含めると 多いときには 32人。
3人で連携をとりながら お昼のまかない 頑張ります!
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-08-08 22:10 | 能登半島地震情報

驚きました!

住まいの方も 着々と 修復作業が進んでます。
大きな捻じれ傾きが正されて 今週からは 補強段階に入りました。c0094218_7141167.jpg
1階と2階の天井の間に 樋打ちを入れ補強する予定で 2階の畳を捲り 床板を外すと!
各部屋毎に 3寸5分の角材で5尺の長さの樋打ちが ちゃんと 入ってました。
さらに 鼠侵入防止の 金網まで 。 


c0094218_7112584.jpg



c0094218_1415587.jpg







昭和の始めに こんな丁寧な 地震対策がなされていたとは
又 又 驚いてしまいました。
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-08-07 21:51 | 能登半島地震情報

力を合わせれば 辛い作業も 楽しくなる!

8月に入って 能登もようやく 梅雨が明けました。 
朝から カンカン照りの日ですが 暑い!暑い!と 嘆いてる暇は ありません。
今日は たくさんのボランティアーの方達で 裏の駐車場に作ってる壁土を 人海戦術で切り返す日なんです。
私は いつものごとく まかないおばさん。
10時、3時のお茶。お昼ごはん担当。
総勢何人になるのかしっかり把握しないまま準備に。
こんなに暑いと 水分の補給は欠かせないので まず 冷たいお茶を用意。
お昼は 新ゴボウのカリカリ揚げと塩鮭紫蘇の実の混ぜご飯。
ついでに農家から寄付してもらった1口大の新ジャガも 素揚げ。
昨夜のうちに用意してた 茄子のオランダ煮。
「エッちゃん! 一人で大変やろー」と声をかけて下さったヨシコさんに 手伝ってもらいました。
「昨夜のバーベキューの焼きソバの玉が10個あるんですがー」
急遽 焼きソバや アテの家で学生の○さんが用意してた肉じゃがもメニューに加わり 豪華な?昼食になりました。c0094218_6195598.jpgc0094218_6203488.jpg










竹本さん、萩野さん指導の下で ボランティアーの若者達は壁土プールに入って 土踏み作業。
下半身 土まみれになりながらの作業でしたが 一見 楽しそう 
c0094218_6264052.jpg
3時のお茶には 井戸水で冷やしておいた スイカを切って喉を潤しました。
忙しかったけど 皆で ワイワイ。
若かりし時代を思い出す 楽しい日曜日となりました。 
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-08-05 22:30 | 能登半島地震情報

元にもどった我が家に住める幸せ!

c0094218_90185.jpgc0094218_9133100.jpg
道路に 10㎝捻じれて飛び出していた土台が 元の状態に戻ると いままで閉まらなかった玄関の くぐり戸が スムーズに 開閉出来る様になり 同時に 大きく捻じれ傾いていた我が家が もとの真っ直ぐな状態に 戻りました。 


ずっと トイレの扉が きちんと閉まらず落ち着かなかったんですが 不思議な事に それもちゃんと閉まって鍵が掛かる状態に 戻りました。


c0094218_959436.jpg
1つ1つが 元の状態に戻る毎に 大きな喜びと幸せを感じ 気持が落ち着いてきます。   
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-08-04 22:46 | 能登半島地震情報

なんでもないことが出来るようになった しあわせ!

近くの取り壊しが一段落して 洗濯物を安心して干せるように なりました。
これまで 砂埃がひどくて 干せなかった 布団。
冬の毛布、シーツ、布団カバーetc
セッセと 洗って 干し場一杯に 干してます。
太陽の恵を一杯あびた ひなたくさい匂いに包まれて 今晩は眠れるんだと思うと なんともうれしく 幸せを 感じます。 


今日は 良沢さん側の波板が取り払われ 下見板も外しました。
c0094218_8542930.jpg

80年前に建てられてるので おそらく 筋交いは入ってないんだろうと 誰もが 予想してたんですが しっかりしたのが ちゃんと はいってました。
先代庄右ェ門さんは やはり 物作りでも 家作りでも 徹底した こだわりが すごい!
私達も力の及ぶ限り 精一杯に修復して 感謝しながら大切に住まわせて頂きます。
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-07-31 20:03 | 能登半島地震情報

家屋の部分も

家屋の修復にむけて 玄関先に 組まれた足場。
c0094218_973377.jpg
c0094218_975812.jpg
まるで 骨折してる箇所を ギブスで固めたようです。
今の輪島では よく見かける光景ですが いざ 我が家となると 痛々しくて ちょっと 複雑な
気持‥‥
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-07-30 22:30 | 能登半島地震情報

いよいよ 我が家も!

修復にむけての準備が始まりました。
土曜 日曜日は 上塗り蔵の土壁用の土つくりが 裏の駐車場で 始まってます。c0094218_6471946.jpg

我が家を担当してくださる竹本さんとその職人さんを筆頭に 県庁の表さん 萩野デザイン事務所で働くマリちゃん 東大生のボランティア鈴木君のメンバーで 三井の山から掘り出してきた土壁に適した粘土質の土 切り藁それに崩れ落ちた土蔵の土も少々 水を加えて 小型ユンボで混ぜ合わせる作業に追われてました。




c0094218_834195.jpgc0094218_8342695.jpg









途中で 街並みデザインのワークショッフで輪島滞在中のアメリカの学生さんや金沢工大生も加わり 素足で土プールで遊ぶ場面も。 皆 童心に返って 楽しそうでした。
私も もう少し 足が長かったら やってみたかった!
c0094218_8381774.jpg
シロウさんはもっぱら水を加える役割。今年は ゴルフ焼けならぬ 土壁作業焼けでたくましく日焼けしそうです。
詳しくは輪島の土蔵支援修復活動で。
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-07-29 23:08 | 能登半島地震情報