ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

春の曳山祭

4日5日は 鳳至町住吉神社の曳山祭です。
今年初老を迎える数え年40、41歳の厄年の男性が1年間 氏神である住吉神社の祭礼に奉仕します。
その第1弾である春祭りに 正月明け早々からこのお祭に向けての準備に取り掛かります。

4日の宵祭には 様々なイベントの後 何十年ぶりかで 宵山が上町通りを練り歩きました。
c0094218_7103288.jpg
上町通りの家々は水幕を貼り ひゃく張りを燈して曳山をお迎えしました。
曳山に飾られる人形は 毎年異なり(業者からお借りする人形で NHKの大河ドラマからのが 多いのですが)
今年は 震災の後 7つの神様が町に幸せを運んでくれることを願いながら ヒロシ君達が魂込めて自分達で作った7福神です。
人形は5体で それに 前期会長と後期会長が加わりました。(短時間の間に 5体の人形を 作るのですから ヒロシ君パワーは すごい!)
夜空に しだれ櫻と共に曳山に乗ってこられた7福神は まだまだ 震災の痛手を引きずっている私達に更に夢と希望を与えて下さいました。

5日の本祭には 午後 子供達が山車を曳いて鳳至町を練り歩きました。
c0094218_747466.jpg
このお祭は 天気の不安定な日が多いのですが 7福神のおかげでしょうか 好天に恵まれた素晴らしい お祭になりました。 

今日6日は 重蔵神社の曳山(震災復興を祈って 花さか爺さん)が 河井町を 練り歩きます。
[PR]
by fugeshietsuko | 2008-04-06 07:49 | 日々の出来事
<< シェフ シロウ の技 震災から1年経ちました >>