ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

ここまで 修復作業が 進みました!

久しぶりの 更新です。
ようやく落ち着いて パソコンに向かう時間ができました。
長かった猛暑からやっと解放されて 朝夕は涼しくなってきました。
この1ヵ月は 猛暑と戦いながら 土蔵の修復作業を進めるのに のべ200人でしょうか? 250人でしょうか?
冷静には数え切れないほどの左官職人の方々や ボランティアの方々が 我が家や D邸 F邸の修復作業の向けて 又 同時に T邸 N邸の壁土出しの作業に参加して下さいました。
例年ならば お盆休みあり 夏祭りありですが 今夏は ホット 息をつく暇もなく 無我夢中のうちに 夏が過ぎ去ろうとしています。
詳しくは 輪島の土蔵修復活動を ご覧下さい。

過酷な暑さにもめげず 我が家を担当してくださった左官職人の人見さん 竹本さんを中心に ボランティアに加わってくださった皆様のお力添えのお陰で ここまで 上塗り蔵の土蔵修復が 進みました。(手打ち1次作業)c0094218_2017737.jpg

が 完成までには 約3年を要するそうです。
そして 土蔵の場合 畳1畳の面積に付き 完成までには のべ25人の人数が 必要と聞かされました。
と言う事は我が家の土蔵完成までには のべ約1000人以上の人数が必要‥‥
あぁー気が遠くなる人数です。
壁土を乾かすのに 所々に 8台の扇風機で24時間風を送ってますが ドッコイ なかなか 厚い壁土は 乾いてくれません!
でも 昔懐かしい田んぼのあぜ道を歩いた時の匂い?は 少しづつ 薄れてきましたよ。



c0094218_20503517.jpg住まいの方の修復も 着々と 進んでいます。
良沢さん側のサクミ板が 完成しました。
今日からは 反対側を 取り掛かりはじめました。

今年の夏は 左官職人の方々 ボランティアの方々 我が家のお客様 私の学生時代の親友夫妻と 大勢の方々が 我が家を訪れました。
そして はからずも お客様にお手伝いしていただいた時も。
Together to Tomorrow

9日の日から 少し落ち着き 気が抜けた途端  少し 体を休めなさい!ってことでしょうか?
1昨夜 うっかり すのこを踏み外して 弱い足をくじいてしまい しばらくは 安静を余儀なくされてしまいました。

幸いなことに入院には至らなかったので この機会に溜まりに溜まっている帳簿の整理を済ませたいと思います。
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-09-13 18:31 | 能登半島地震情報
<< 床板の拭き漆作業 母の祥月命日 >>