ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

どんどん変わってる 街なか

住まいの片付けに少々疲れ気味の昨日 上塗り蔵の和紙をボランティアで貼って下さった H博士?が 来訪され
「宅田のSさん邸が 今 轢きやさんと大工さんとで 修復工事してますが どんなふうにして 直してるのかを見に行きませんか」と 誘われて 見学してきました。
Sさん邸の修復してる平米数は我が家の場所と ほぼ 同じ位。
1階は 枠組みだけにして 基礎工事されてましたが 2階部分は 以前のままの状態で 
生活されてることを伺い この修復方法だと 2階まで 空にしなくてもいいのだ!と 思うと 
ちょっと気が楽になりました。 
我が家がどんな修復方法で直すのかは まだ決まってませんが いろいろな修復方法があり それによって コストも かなり 違ってくるようです。
できるだけ ベストな方法で 修復したい!と 思います。

街なかを車で走ると 家を取り壊ししてる為 あちこちで通行止めに出会い 廻り道になって
しまいます。
洗濯物は干し場で干すと 風あたりがひどく 油断してると 竿が外れることも しばしば。 
街なかに建物が無くなってくると こうも 風当たりが違うものかと 驚きです。

c0094218_16112322.jpg

Mさんから頂いた シンビジウム。
ご自分で 咲かせたそうです。
花をみると 疲れが 癒されます。
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-05-18 14:09 | 能登半島地震情報
<< しばしの 安息日 赤ちゃん 誕生! >>