ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

みるみる変わる 上町通り

「この通りの何処に 魅力あるんですか?」

「いゃ~これだけ しっとりと落ち着いてて 気負いがなくって 心が休まる通りって 私達 
日本中廻ってますが なかなか 出会えませんよ!」

「へぇ~? いつも 住んでると 皆目わかりませんが~?」

一年前の 今頃 松竹映画の I プロデューサーが おっしゃった 言葉です。
昨年5月の連休過ぎから 釣りバカ日誌17の クライマックスシーンロケで キリコが練り歩いた通りの面影は 日を追うごとに 消えていきます。

古き良き上町通りは 釣りバカ日誌17の映像での 思い出通りになるのでしょうか。
なんだか やるせないし 悲しい! 悔しい!

瞼の 奥にある風景が 一夜明けると 瓦礫の山。
そして 又 一夜明けると 瓦礫が取り除かれ 路地の 木が ひっそりと 悲しげに立ってます。
c0094218_17455086.jpg
まだまだ 取り壊し予定の 家が あるようです。
輪島は 蔵を囲んで 住まいがある為 蔵の土壁が崩れ落ちてると やむなく 家もろとも取り壊さなくてはならなくなっている 事情があるようです。



いろんな建築関係の方が 我が家を診にこられて  さまざまなアドバイスをしていかれます。
良かれと思ってのことでしょうが いささか 混乱してしまいます。

今日は ちょっと 疲れ気味で センチメンタルになってる 塗師屋の女将です。
ゴメンナサイ。
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-04-10 17:53 | 能登半島地震情報
<< 震災復興応援の ご注文 皆様の 汗と真心の結晶で ! >>