ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

能登半島地震 我が家のその後

c0094218_14494143.jpg 一昨日の大きな余震で さらに 我が家のダメージが どの位なのか 次の大きな余震が来た場合に比較的安全な場所があるのかを 知りたくて 建築家の高木先生に 診断してもらいました。
ふと 天井を見上げると つばめが 舞い込んできてます。

あっ! つばめだ!


地震の時に いくつかあった巣が落下して跡形も無くなってるのに 唯一残ってた一個を見つけて 入ってきたのでしょうか?

つばめは 幸福の使者だと いいますよ。もう おおきな 余震は無いと 信じましょう!

高木先生のお言葉に くじけそうな気持が 励まされました。


家の中じゅう 調べてもらって 危険な場所も あるのですが 仕事場は 取り壊ししなくとも
修復可能だとかー 
特に 上塗り蔵の土蔵の土壁は落下してますが 柱はしっかりしてて 思いのほか頑丈な造りになってるから 余震にも 耐えられるそうです。
こんなに 頑丈な造りを残してくださったご先祖様に心の中で感謝を申し上げ 思わず 手を合わせました。

今 職人さんを中心にして 後片付けを始めてます。
一日も早く 仕事の再開出来る日を めざしてー。

お電話や メール ブログのコメントで たくさんの皆様から 励ましのエールや お見舞いのお言葉を 頂いてます。

くじけないで 頑張ります!有難うございます。
[PR]
by fugeshietsuko | 2007-03-30 15:36 | 能登半島地震情報
<< 地震から 10日を経て ご心配おかけして おります >>