ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

糊作り ダイエット   

c0094218_17211422.jpg「ぬり(のり)煮てくだー!」職人さんからのリクエスト。さあ、塗師屋のかあちゃんの出番です。輪島の下地塗には 生漆、地の粉、米糊を調合して 塗り重ねていきます。出来合いの糊を買ってくると楽出来るのですが、我が家の工場から引退して久しい下地職の寺西さん(当時は輪島でも指折りの名工の1人)から、「糊は手抜きしたらいかん!丈夫さや、仕上がりに必ず出てくるげぞ」と、口すっぱく教えられてから 大切なこだわりの1つになりました。
9月に入り,大分涼しくなりましたが 真夏日など、ハチマキをして首にタオルをかけ 吹き出る汗を拭いながら 焦げ付かないように 1時間 櫂を動かし続けます。
いつの頃からか 夏の 糊作りは ダイエットと 位置ずけました。
煮上がった 糊は艶々とした出来になりました。 
[PR]
by fugeshietsuko | 2006-09-07 17:53 | 輪島塗と塗師屋のこと
<< 味覚の秋 新米 去り行く 夏を惜しんで! >>