ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

豆ご飯でご縁

c0094218_18401135.jpg

皆さんは食べ物にまつわる思い出ってありませんか?

女将は豆ご飯(えんどう飯)を口にすると必ず思い出す事があります。

若い頃 豆ご飯って好物じゃなく むしろ避けたい食物だったかも?


女将が好物の一つになったのは友人の話を聞いてから~


昭和40年代、50年代って 結婚した夫婦の3割はお見合い結婚
お仲人さんのお世話で一緒になったカップルは珍しくありませんでした

「一緒になろうと決めたきっかけって何~?」ってことが話題になった時

「私はね、お見合いの席でお姑さんが作ってくださった豆ごはんがとても美味しくって~   それに感動して結婚を決めてん」

    
その話を聞いてから~  


人生が決められるほど美味しい豆ご飯ってどんなだろう???



女将は美味しいと思って食べたことがなかっただけに 頭の中でいろんな想像が駆け巡ります

味付けは 何が主?
塩? 醤油? 
昆布出汁も? お酒? みりん?

きっと その豆ご飯は 朱塗りの漆のお椀に入ってたんじゃないかしら?
豆の青さが引き立ち より美味しく見えたんだわ

そうそう、絶対間違いないわ!
黒塗りじゃなく 朱塗りの漆のお椀よ! 
その方が綺麗に見え 美味しさを引き立てるもの~?

それにしても結婚を決めさせるほどの 豆ご飯! 

とたんに 興味津々 

自分でも あの手この手で いろいろ作ってみるようになり~ 
作れば 食べなきゃいけないし~
気づけば いつの間にやら 好きな食べ物に加わってました

そして食べる度に 豆ご飯が取り持ったおめでたい話が頭をよぎります


 
[PR]
by fugeshietsuko | 2014-06-11 22:49 | おうちご飯と漆器
<< 父の日の夕食 輪島市祭の花火大会 >>