ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

先生 有難うございました

私達夫婦が公私共にお世話になった 内科医の北山和夫先生が
他界されました。

93年間の生涯をまっとうされた大往生でした。

大勢の市民に慕われた 輪島の赤髭先生でした。

先生には私達家族が 言葉では言い尽くせない程 とてもお世話になりました。

シロウさんが最も尊敬する人生の師でもあり 私達夫婦に命の大切さを
身をもって教えて下さったのも 先生です。


北山先生がいなかったら三女は誕生しませんでした。

20代後半から体調を崩してた私は 三女がお腹に宿った時は最悪状態 

初期の妊娠中毒症で婦人科のお医者様から命の保証はできないから産むのはあきらめるように言われ 二人で悶々と悩みました 

ほぼあきらめかけて先生に相談したら頭から大きな雷が落ちました。
とてもお忙しい先生だったのに 1時間半もかけて説教されました

『あんた達は命を何だと 思ってるんだ! 
せっかく授かった大切な命じゃないか!
私が責任を持つ! 産みなさい!』

先生の力強い一言で 出産を決意したのです。

それから毎日 先生の医院で 血圧、尿タンパク検査が始まりました 

何か月かが過ぎた頃に ようやく安定。 

先生から 
『もう 大丈夫だ!元気な赤ちゃんを産むのだよ』 との言葉を頂き 
安心して出産できたのです。

あれから 30年。

三女カヨ子も元気にスクスク成長し結婚しました。 

昨年は 孫のキィちゃんが生まれました。

もうすぐ初誕生日を迎えるキィちゃんと出会えたのも もとをただせば 先生のお陰です
c0094218_81239.jpg

先生 ほんとうにお世話になりました 
有難うございました  

ご冥福を心からお祈り申し上げます    合掌

                   




  
[PR]
by fugeshietsuko | 2013-07-25 08:04 | 日々の出来事
<< 猛暑お見舞い申しあげます いしり茄子と小茄子のいしり漬け >>