ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

べんこうこう(我が家流)

2月に金とく番組で紹介されたべんこうこう → 
作り方を教えてくださ~い!
お問合せがあったので 遅くなりましたが 我が家流のを載せますね

用意する材料 
   大根   1本
   みがき鰊 5本(鰊がお好きな方は 10本位でも大丈夫です)
   出し昆布 3㎝位に切ったのを 5~6枚
   唐辛子  1本
   米麹   200g
   いしる(いわし、イカ、どちらでもお好みので)大匙 3杯位
   お酒  100cc

1.大根は 厚めに大きく切ってね(3cm角か 2cm厚さの輪切り)
みがき鰊は きれいに洗って頭部分を切り落とし 一本を2つ切り
c0094218_17284839.jpg

こちらは 混ぜ合わせる麹といしる、お酒です
c0094218_17321512.jpg
2.これらをボールで混ぜ合わせます 
c0094218_17335225.jpg

漬け込む器の底に鰊を並べ 2.の混ぜ合わせたいしるをのせていきます
c0094218_17419100.jpg
 
3. 鰊の上に大根をおき
c0094218_17503836.jpg
大根、出し昆布、唐辛子、2.の混ぜ合わせたいしるをのせることを繰り返し
c0094218_17514283.jpg
大根がなくなったら 2.を すべて上に載せてしまい
c0094218_1754917.jpg

しっかり重しをして 大根からでる水分が 重しまで届いたら 食べ頃ね(3~4日目頃から)

こちらは 漬け込んで 2週間過ぎたもの
かなり 発酵がすすみ 酸味がでてます
c0094218_20174925.jpg
この鰊と大根を焙ったら 出来上がり
カチカチだったみがき鰊は しんなり柔らかになってるのは 麹の力ね!
c0094218_20191197.jpg
c0094218_20194950.jpg

我が家は ほのかにいしるの香りがする程度の薄味仕立てですが 物足りないようでしたら 焙る前にいしるを振りかけたら味は濃くなるわよ。

べんこうこう‥‥独特の香りと風味は 大好きになってしまう人と 匂いがイヤで受け付けない人とで はっきり分かれる嗜好食よ。
作り方も それぞれの家庭によって 様々のようです。
これは あくまでも 我が家流の作り方よ。 
[PR]
by fugeshietsuko | 2013-03-24 08:32 | おうちご飯と漆器
<< 能登半島地震から6年目 自家製味噌つくり教室 >>