ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

古いのに 新しく感じるもの  2

このカタチは どんなイメージで作られたものかしら

かがみは白漆仕立てで 縁は朱漆で塗られ しかも帯引きになってて とても 手が込んでるの

梅の花びら?  あるいは‥雲?
見かたによっては 車をイメージできるかも?
c0094218_19191656.jpg
しかも 可愛いお足付でなんですよ

どんな 使い方をしたら 楽しいかしら ♪~♪

愛嬌たっぷりに感じたのは 私だけ?
c0094218_1920657.jpg


最初に土蔵から 顔を出した時はこんなに汚れがすごかったのよ
埃のかかり具合からみると 半世紀は経てるわね    
              ↓
あらっーすごい汚れじゃない~ 
こんなに汚れてるのに 使えるのかしら? って思う方がいらっしゃるかもしれませんが‥ 

ちょっと 洗ってみましょうよ!!!
c0094218_19252345.jpg
国産漆は乾ききると 塗膜がとっても固くなるから ゴシゴシ洗っちゃっても びくともしないわよ!
c0094218_192719100.jpg
ね!こんなに きれいになったでしょ!
c0094218_20402567.jpg

さらに 使い続けると もっと もっと 底艶が増して輝いてくるの。

漆から 《 いつも使ってくれてて 有難う! 》 って メッセージが送られてくるみたいよ!   
[PR]
by fugeshietsuko | 2012-06-21 20:40 | 輪島塗と塗師屋のこと
<< 煌めきの沈金・蒔絵 ご案内 早く大きくなあれ~ 5 >>