ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

能登平家の郷

今年のNHK大河ドラマは 『平清盛』 ですね。

奥能登は 平家一門とご縁があることは知ってましたが お隣の珠洲市大谷町に平時忠とその一族のお墓があることを知ったのは つい先日の いろは蔵での当番の時でした

平時忠は 平清盛の妻、時子の弟で平清盛の義弟にあたり娘さんは源義経に嫁いだそうです。
豪胆で激しい性格 「平家で非ずんば人に非らず」 はこの方のお言葉とか。

1185年に壇ノ浦の戦いで破れた後 配流さたのが この奥能登珠洲市大谷町だったそうです



いろは蔵では 今月一杯 『奥能登絶景街道二人展』を催してますが 展示されてる写真やアルバムから 大谷村に平時忠とその一族の墓所があることをはじめて知りました 
c0094218_14243695.jpg
輪島市町野町に平家ゆかりの重要文化材 上時国家、下時国家がありますが これらは 江戸に入ってからのようです。

で 興味津々 平家ゆかりの地を訪れてみました

国道249号線を海沿いに走り 大谷峠を越えて珠洲に向かう途中にその場所はありました
c0094218_1452615.jpg
うえの案内図の道路を挟んだ横道をどんどん下りてきます
c0094218_1454946.jpg
c0094218_14555837.jpg
c0094218_1457072.jpg
c0094218_14572913.jpg
 
しばらく下っていくと しだれ桜の木が 目に飛び込んできました
c0094218_1458475.jpg
c0094218_1572197.jpg
 
平時忠と一族の墓所は その近く
c0094218_15173522.jpg
c0094218_15125388.jpg
この木戸を潜ると たくさんの五輪の塔が並んでました
一番大きいのが 平時忠だそうです
c0094218_1518267.jpg

あたり一面 静かな のどかな 田畑風景 
c0094218_15414396.jpg
c0094218_15422247.jpg
肌寒い日でしたが 枯れ枝を野焼きしてたり 木漏れ日でひなたぼっこしてるワンちゃんを目にしたり‥ 

まるで 日本昔話の中に タイムスリップしたような錯覚になりました
c0094218_15451165.jpg


桜咲く頃 もう一度 訪れてみたいなぁー!
[PR]
by fugeshietsuko | 2012-03-27 06:21 | お出かけ
<< ちっちゃい春 みぃーつけた ♪~♪ 能登半島地震から5年 >>