ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

奥能登の秋満喫

二女が半年ぶりに帰省。

秋晴れが続く土曜日、シロウさんと3人で秋真っ盛りの奥能登を海岸線に沿って ブラブラとあてのないドライブを楽しみました。

揚げ浜塩田村に立ち寄ったり、気になったてた和ダイニング SYO-TATSUで昼食したり
c0094218_7193756.jpg
それぞれ違うメニューで注文しましたが 地元の食材にこだわってて どれも美味しかったです。c0094218_7374631.jpg
c0094218_7382860.jpg
c0094218_739299.jpg
c0094218_7414876.jpg
c0094218_835153.jpg
c0094218_844022.jpg

恋路海岸の中野洋菓子店に立ち寄ったり 

帰り道は 世界農業遺産に登録された千枚田を散策
c0094218_818562.jpg
上から見下ろすとこのような眺めでも 
c0094218_912076.jpg
下からだと
一歩、一歩登る毎にアキレス腱が伸びきるほどの急坂はきつかった‥
c0094218_848403.jpg

千枚田下の海岸
c0094218_8493831.jpg

あちこちの海岸線では 釣り人がー
この時期だと アブラメ釣りかしら?
c0094218_921228.jpg

今は無くなりましたが  毎年この季節になると 職場の秋の行事 アブラメ釣りを 懐かしく思い出しました。

おにぎり、大根、ネギ、お鍋、食器持参(使い捨ての紙パックがなかった昭和30年~40年代)海で1日 思いっきり遊んだものです。

海岸で釣ったばかりのアブラメをさばき 大根やネギを入れてお味噌でブツブツ煮込んだアブラメの貝焼き。

自分達が釣ったアブラメの話題に花を咲かせながら 皆で鍋を囲んで食べたアブラメの貝焼きは 格別でした

お腹が満腹になったら ゴザに転がり 日に晒されながら 皆でお昼寝
その後は、お土産用のアブラメを釣って帰ったものでした。

こんなにのどかで素朴な秋の行事もお魚嫌いの人が増えるに従って いつの間にか廃れてしまいましたが‥


帰り道 時間が早く夕日の沈むのを見れなかったのが心残り。 
[PR]
by fugeshietsuko | 2011-10-30 06:58 | お出かけ
<< 明日は 11月ですねー 塩こうじ君と米麹みるくちゃん ... >>