ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

日本最北端紀行 1

石川県民研修視察旅行の一団に加わり 利尻、礼文島の旅に出かけてきました。
日本の最北端を訪れてみたい!と憧れてたことがやっと実現できた旅です。 

輪島組は朝4時の出発で 小松空港から羽田経由で千歳空港へ
千歳からは観光バスで日本海オロロンラインを走って最初の宿泊地豊富温泉にたどり着いたのが夜8時でした。

オロロンライン走行中に立ち寄った 小平町道の駅の おびら鰊番屋
c0094218_2141464.jpg
建造物が北海道産財を使って建てられた番屋だそうですが 中の見学は出来ませんでした
c0094218_21104593.jpg

翌日は お天気に恵まれず‥ 
6時出発で 稚内港からフェリーで 利尻島へ。
お天気が良ければ 利尻富士が こんな感じで望めるのでしょうが‥
c0094218_2212747.jpg


最初に向かった姫沼では雨の為 逆さ富士は見ることが出来ませんでしたが 周辺を散策して出会った高山植物です
c0094218_22535850.jpg
c0094218_22543741.jpg
ひとりしずか?
c0094218_2255246.jpg
ここでハプニングが!デジカメを落として 写真を撮れない状態に‥
これからは 携帯と友人のカメラの合作になります。

オタトマリ沼に向かう途中に立ち寄った利尻郷土資料館では 最近寄贈された輪島塗の家具膳を発見!
写真はありませんが こんなに遠くまで輪島の先人達は商いにきてたのですねー。

オタトマリ沼でも残念ながら雨でした‥
c0094218_23441471.jpg
でも、でも、ここで食べた うにてんこもり握りはすごくおっいしかったよー!!!
c0094218_2352560.jpg


c0094218_082954.jpg
仙法志御崎です。 

利尻島の南端、仙法志(せんぼうし)岬にある自然の磯を利用した自然公園で利尻山が噴火した時の海に流れ込んでできた奇岩・奇石が沢山。

遊歩道の散策してるとアザラシが生息していた当時(H15年)の囲いが残ってました。
















沓形港からフェリーで礼文島へ向かいました。
礼文島最北端にある草原の岬スコトン岬
c0094218_1274073.jpg

c0094218_1281730.jpg

c0094218_1284013.jpg
ここは高山植物の宝庫だそうです。
今が旬のレイブンアツモリ草
c0094218_1291288.jpg
のびねちどり?
c0094218_1315017.jpg
はくさんちどり?
c0094218_1391625.jpg
c0094218_135384.jpg
c0094218_1395497.jpg
お花の名前がわかりませ~ん。
この後 桃岩や 元地西海岸をドライブし 2泊目のお宿へ。
[PR]
by fugeshietsuko | 2011-06-25 21:10 | お出かけ
<< 日本最北端紀行 2 こだわりのお酢セット >>