ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

ベビースプーンプロジェクトのご案内

能登半島地震から4年目の昨日 しいの木迎賓館(金沢)で 『ベビースプーンにを込めて』 の作品が展示されました。(3月25日~4月10日)

能登半島地震のあと オゾンビル(東京新宿)で復興プロジェクト『能登半島地震蔵出し市』をお世話下さったよこやまゆうこ様の提案で 昨秋 「輪島うるし探偵団」 と言うグループが立ち上がりました。


今回は復興プレジェクトに参加した輪島の漆作家や塗師屋20人で 小さなスプーンの中にそれぞれの思いやメッセージを凝縮した作品が沢山展示されてます。
c0094218_10571035.jpg
 壁に掛けて 日々楽しめるようにアクリルケースに入れる事も出来ます。
c0094218_118373.jpg
 3月25日(金)~4月10日(日)までの展示ですのでご覧下さい。

尚 『和楽』5月号に 《ベビースプーンにを込めて》 の関連記事が提載されます。
又 5月13日(金)~22日(日)の期間は 銀座 和光 並木館3階(10:30~18:00)での 展示となります。
是非 ご覧ください。



震災から4年の歳月が流れた輪島。 
当時の絶望的な気持から 沢山の方の暖かい励ましに支えられ 希望を失わずに歩んできた私達です。

東北関東大震災の後 TVからは復興に向けて歩き始めた被災地の状況や 原発に付随する放射能汚染の暗いニュースばかりで心が痛む毎日ー。

でも どんなにどんなに過酷な暗い夜であっても必ず明るい朝がやってくることを信じたい。
厳しい寒さの東北も 暖かく微笑む春は近づいてます。

被災地の皆様 どうか 希望を失わずに歩んで下さることをお願いします!
[PR]
by fugeshietsuko | 2011-03-26 11:04 | 輪島塗と塗師屋のこと
<< 4年の歳月を経て 平穏な日が来ることを信じて >>