ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

金メダル椀

ほぼ毎日愛用してる私にとっては とても便利な金メダルのお椀。
高台が無くて乾漆が表面に施してある 小鉢かボールみたいな形のお椀です。

今は 使い艶がでて綺麗ですが はじめは‥
c0094218_20561195.jpg
約33年前‥まだ若かった頃 土蔵の片隅にひっそりと泥まみれになってたのを見つけたのが出会いでした。

輪島川が51年前に氾濫して大洪水になり 我が家も1㍍位 床上浸水したことがあったんです。
その時の泥が付着したまま 土蔵で忘れ去られてたんでしょう。

何だろう?この泥まみれのものは‥ 

好奇心に駆られ 洗ってみると 蒔絵が施してある 乾漆仕立ての椀でした。
蒔絵から推測すると 戦前に作られたもの??? イェ、もっと 古いものかも??

洗っても 洗っても 乾漆の中に滲みこんだ泥は容易に 落ちません。
乾漆で傷付く心配は無いので 歯ブラシ、たわし、色々使ってゴシゴシ。
それでも まだ 泥は細かい目の中にしがみついてます。

『蒔絵付いてるけど 思い切って使おうっと!使ってれば 目の奥に入ってる泥も その内 落ちるでしょうから‥』 ってことで 食器棚に移し 使い始めて 35年近く~

今晩は お鍋の取り椀のお役目。
c0094218_2119582.jpg
ひね鳥や鱈、自然薯、野菜やキノコを入れた寄せ鍋。
寒くなってくると 鍋料理が一番暖まるので 我が家はよくやります。 

熱々のものを入れても 熱さが外まで伝わらないから 手で持っても 大丈夫。
我が家でのお鍋からの取り椀はこれを使い いつも大活躍してくれます。

自然薯が美味しいダシをタップリ含み 美味しかったです♪~♪
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-11-20 21:39 | おうちご飯と漆の器
<< 今日の漆器 1 今回のやきものワールドで感じたこと >>