ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

養覚寺で報恩講体験

今月に入って慌ただしい日々が続き、あれよあれよという間に 日が過ぎ去ってます。 

そんな中 昨日は 養覚寺の報恩講のお誘いを受けて サロメさんと出かけました。

養覚寺のある東山地区は山奥にある辺境。
こんな山奥に人が住んでるのかしら?と思いはじめた頃 ようやく 辿り着きました。

今年3月に 葺き替えされたという山門の茅葺屋根はとっても綺麗で 自然に囲まれて佇む鐘楼門は まるで おとぎ話の中に迷い込んだような別世界。
c0094218_2131958.jpg
c0094218_22283714.jpg


報恩講に集まったお仲間と一緒に 輪島塗の家具椀で 部落の皆様が腕を奮って下さった精進料理をいただきました。 
c0094218_21265912.jpg
手前は お椀に盛られた もっそう飯。(すごい量!一合は楽に盛られてます)
お煮しめ二皿と かじめの味噌煮の上に乗っかってる人参、切り干し大根の酢物の上には ゴボウの煮っ転がしがドカーンと!
初めて口にした小豆と豆腐の味噌汁
手作りの漬物

ダイナミックに盛り付けられた精進料理は 素朴だけど心がこもってて とっても美味しく どんどん お腹に納まっていきます‥が さすがに食べきれず お土産用に持ち帰りました。

食事の後 鐘楼門で 鐘突きを体験した後 お御堂でお参りしました。
c0094218_2225198.jpg

人里離れた厳しい自然環境の中でも たくましく生活されてる東山地区の元気なお年寄りに出会え 日頃 忘れ去られてた生活の様々な原点を思い出した有意義な一日。 

お誘い下さったT先生 有難うございました。 
 
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-10-19 19:44 | お出かけ
<< 深まり行く三井町の秋 昨日は 能登ふるさと博 最終日 >>