ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

暑くても 締め切った部屋でー 

職人さん達は連休でお休みですが 梅雨明け早々のまだ湿度が多いこの時期を利用し 工場では修理し終わった机の蒔絵が行われてしてました。(漆は湿気で 乾燥します)

蒔絵師さんが出張しました。

二月堂机に 金箔 銀箔で 市松蒔絵を付けます。(写真は銀箔編です)
前日片面の蒔絵は済みましたが 今日は残ってるもう一面の蒔絵作業です。

接着の役目をする漆を 箔を置く箇所に 蒔絵用の筆でチョン チョンと載せて
c0094218_3323713.jpg


格箇所に置いた漆を ミニローラを使い コーロ コーロ ♪~ ♪~ ♪
見てると簡単そうで 面白そうだけど‥ 
漆をまんべんよく薄く伸ばすのって 技術と経験と根気がいるでしょうねー
c0094218_34210100.jpg


延ばし終わった漆の上に 切箔を置いてきます。
箔はとても軽く ちょっとした空気の流れにも飛び散るので 暑くても部屋は締め切ったまま
c0094218_352275.jpg


置き終わった切り箔を 大きな筆で 均一にのる様 配分してましたよ 
c0094218_4313313.jpg


真綿を使って箔をしっかり押さえ それでも箔が行き渡らない箇所は 銀粉を使って埋めてました
c0094218_4352415.jpg


ハ~イ! 一台出来上がりました
c0094218_440484.jpg


湿風呂に入らないので 土蔵の中にキリコを利用して作った即席の湿風呂で一晩乾かし 明日からは 摺り漆の作業(載せた箔を固定する)だそうです。
c0094218_5122966.jpg

[PR]
by fugeshietsuko | 2010-07-19 20:25 | 輪島塗と塗師屋のこと
<< 寝苦しさ対策 手作りベーコンとスモークチーズ >>