ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

砥物のお手伝い

輪島塗は 傷むと修理することで新品同様になり 何度も 何度も 使い廻しできます。

今回は うなぎ屋さんから送ってきた どん重の修理品(直しもん)
早く納めてほしいとの依頼です。 

下地 地砥ぎ 中塗と修理が進み こしらえもんの砥ぎもののお手伝い。
簡単な箇所しか砥げませんが それでも 砥物職人の桐田さんは 助かると喜んでくれます。
c0094218_1431437.jpg

こしらえもんの作業は 3日かかって やっと終わりました。

この後 拭き上げの作業がありますが これは 上塗り前のチェックも兼ねての大事な作業。
素人の私では無理なので 専門の桐田さんにおまかせしま~す。
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-06-09 13:17 | 輪島塗と塗師屋のこと
<< 夏 食欲をそそる漆器は? アジサイが咲き始めました >>