ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

いろは蔵の 催しもの

浦野芳子さんの 『お雛さまとつるし飾り』 3/15(月)~3/23日(火)

午後は1ヵ月に1回の 当番日でした。
入った途端 様々なお雛さまが 目に飛び込んできたのに仰天!
c0094218_17522059.jpg

浦野さんがいらっしゃって 一つ一つの作品を作ってる時の思いを説明して下さいました。

可愛いなぁ 欲しいなぁと思ったお雛さま達です。

童雛
c0094218_19525458.jpg

ゆらり雛  ゆらゆら揺れるのが面白い!
c0094218_1958085.jpg
五人官女?表情がなんとも可愛い!
c0094218_20465379.jpg
ぼんぼりも縫ってあるんですよ。上縁網代沈金の丸盆にぴったし!
c0094218_20474757.jpg
この他にも 決め込み人形の雛やメタボ雛?、沢山のお雛さまが勢ぞろいでした。

そしてつるし飾りのモチーフ1つ1つには意味がある縁起物とか‥。たとえば

這い子,ぞうり    這えば立て、立てば歩めの親心
c0094218_20185373.jpg
c0094218_20301752.jpg
c0094218_2031969.jpg


とうがらし    娘に虫がつかないように 
c0094218_2033474.jpg


さるっ子    厄が去る
c0094218_20354760.jpg

などなど。

お雛さまだけでは無く 端午の節句、四季折々の作品が盛り沢山展示されてます。

本を参考にしながら 約3年間の我流の作品だとか‥。
器用な方なんですねー。

すべてが手作りで 楽しみながら作られてることが作品から伝わってきて あったか~いほのぼのとした時間はあっと言う間でした。 
 
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-03-16 20:23 | 日々の出来事
<< たまには 今晩の『春のにごり酒』のお供は  >>