ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

文久元年の器

明日の夕刻から始まる実験Onedayレストラン最後のお食事会に向けての器の準備。
黒い器が必要になり 家具椀は みんな洗朱だし 黒い家具椀探しに 土蔵に入って ゴソゴソ。

そして 発見!
きたなぁーい木箱を。
中にはいってるのは お椀らしいけど これまた歴史ある汚れ。
小ぶりの赤いお椀で とっても可愛い形。
綺麗に 何度も洗ってみると 中には 梅の 沈金模様
c0094218_818059.jpg

c0094218_7564230.jpg


しかも 木箱には 文久元年酉7月との箱書き。
えっーと、えっーと、文久っていうと 明治の前だったよねー?
調べてみると 西暦1861年。
今年は 2010年だから‥ってことは 149年前に作られたお椀ってこと!!!

明日 どこかのシーンで何かで使えないかなぁー?
温故知新に ピッタリじゃない!
[PR]
by fugeshietsuko | 2010-02-27 21:46 | 輪島塗と塗師屋のこと
<< 実験Onedayレストラン最終会 月1回の 直売日 >>