ブログトップ

塗師屋の女将えつこ

fufuetsuko.exblog.jp

しばらくぶりです。

ふぅー。
ようやく少しだけ 溜りに溜まってた用事が片付き PCにむかって 息抜きする余裕がでてきました。

催事を終えて帰ってからと言うもの 仕事と家事にアップアップの状態で ブログを書こう!という気持のゆとりが持てないまま 日だけが過ぎ去ってしました。

やきものワールドでは 私どものブースを訪ねて下さった 1年に一度お目にかかる懐かしいお客様方や 新しくご縁が出来たお客様方 本当に有難うございました。

今回は 漆器の扱い方を中心に説明させて頂くよう 心掛けました。 

搬入と搬出以外は1人だったので 夕方ともなると 早くホテルで靴を脱いで寛ぎたいと言う思いばかりがつのり せっかくのお食事のお誘いも 私の我儘から断ってしまったことも。
S様 本当に ごめんなさい‥。


そして ホテルの部屋では‥

持参した蓋付の大椀 私が勝手にネーミングしてる『旅の椀』と カップ麺を取り出し
c0094218_038119.jpg

乾麺を入れて
c0094218_0482862.jpg

お湯を注ぎます
c0094218_049407.jpg

蓋をして待つこと 3分
c0094218_0503239.jpg

はい 出来上がりました。
c0094218_051323.jpg
帰り道コンビニで買ったおかずをお椀の蓋に移しての 夕食。

なんとも お宅っぽい侘しい食事ですが 漆のお椀で食べると 何故か ホッと するのです。
入ってる器そのままでは 落ち着けないのです。
私にとって 漆の器って 癒し効果もあるみたい。

こんな名古屋での 1週間でした。
[PR]
by fugeshietsuko | 2009-12-12 23:02 | おうちご飯と漆の器
<< 何が 始まるの??? 天然なめこ >>